読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽたんのうつハック

ぽぽたんは飼い猫のあだ名です。

初めて一眼レフカメラを買う人にこれだけは知っててほしい!フォーサーズ規格とマイクロフォーサーズ規格の違いって?

カメラ

レンズを買い足す予定のある初心者は”規格”という概念、これだけは知ってて欲しい~私の失敗から~

私はミラーレス一眼カメラを所有して2ヶ月でございます。

買った理由はディズニーランド・ディズニーシーで開催されるパレードやショーを綺麗な写真で撮りたいから。

というわけで、遠くの被写体も撮れる”超望遠レンズ”を欲しがるのは必然でした…。

 

ちなみに私の持っているカメラは初心者にはオススメ格安ド定番と名高いこちら。

OLYMPUSのPEN LiteシリーズのE-PL6です。

 

 ミラーレス一眼レフカメラがレンズ込みで4万前後で揃う逸品です。

そもそも一眼レフカメラって本体だけで10万超えてしまうのも普通であり、常識なんて言われています。

初心者の垣根を低くさせた(そして実際私がカメラ沼にハマった)お品物です。

 

本題は、このカメラは”マイクロフォーサーズ規格”だったのです。

この"規格"という概念を知らなかった私は、”フォーサーズ規格”のレンズをほくほくで買い足して、カメラに装着できなかったことに衝撃を受けました…。

 

 

 

そもそも一眼レフカメラミラーレス一眼カメラの違いすらわからないよ!という方は下記の記事がオススメです。

c-camera.com

 

 

そもそも、なんでカメラによってどうして規格が違うの?

まず、フォーサーズ規格マイクロフォーサーズ規格の違いなんて、カメラに手を出す初心者にはわかりません。

私みたいな「iphoneじゃ遠くで手をふっているパレードのミッキーが上手く撮れないや…」なんて動機で買った初心者にとって、実際にカメラを手にして写真を撮ってみないとよくわかりませんし未だによくわかっていません。

 

自分なりに調べてみまして、下記の記事の理由が納得できましたのでご紹介させて頂きます。

オリンパスに聞く「マイクロフォーサーズ」(その1) メーカーに聞く デジタルカメラのココが知りたい!!

フォーサーズのコンセプトを解りやすく表現すると、デジタルカメラとしての様々な特性を考慮し、最適化されたデジタルカメラ専用の規格とその製品群を提供していこう、というものです。 

 な、何を言っているんだ…という感じですが、下記の言葉でわかりやすくまとめられていました。

当社で言えば…これがフォーサーズ規格の小型の製品『E-420』ですが、更に大幅に小さい製品が考えられます。

ポケットに入る一眼が実現できると考えています。マイクロフォーサーズでは、コンパクトカメラに近いサイズで、大きなセンサーを搭載したカメラが実現できますよ。

 

そもそもマイクロフォーサーズ規格誕生の理由は、”デジカメみたいに気軽に一眼カメラを持ち歩きたい”ということなのでした。

 

これだけ知っていれば、少しは規格について理解ができるのではないでしょうか。

マイクロフォーサーズ規格のカメラは、「フォーサーズ規格のカメラを手軽にしたい」というのが誕生のきっかけであり、違いなのです。

 

具体的にどう違うの?

画素数とか描写とか性能とか色々違いはありますが、マイクロフォーサーズ規格のカメラにフォーサーズ規格のレンズはつけられないしフォーサーズ規格のカメラにマイクロフォーサーズ規格のレンズは装着できない。

初心者はこれを理解していれば十分です。

私はこれを理解していませんでした。規格とかよくわかんないけどなんとかなるっしょと気軽に考えていました。

 

※マイクロフォーサーズ規格のカメラも、アダプタを噛ませれば、フォーサーズ規格のレンズも使えます!!!!!

※でもフォーサーズ規格のカメラには、そういう機能のアダプタは使用できないので注意。

 

フォーサーズ規格のカメラの生産は終了しているのに、市場にあふれるフォーサーズ規格のレンズ。

残念なことに、フォーサーズ規格のカメラは2010年を最後に生産が終了しているそうです。

 

ですが普通の通販サイトやヤフオクや…まだまだ市場にはフォーサーズ規格のレンズがあふれています。

つまり初心者が陥りやすい「買い足したカメラとレンズが噛み合わない…なんで…」状況に陥りやすいのです。

 

おつむの弱い私は、フォーサーズ規格とマイクロフォーサーズ規格の違いについて理解するのにかなり時間を要しましたし、様々な記事を渡り歩きました…。

この記事は”一眼レフカメラについて何も知らないまっさらな初心者”へ向けて書かれたものです。

 

ちなみに規格を知らないということは、ディズニーにおいて「ドナルドって誰?」「グーフィーに息子っているんだ!」「東京ディズニーリゾートは東京にあるんだよ」レベルの、カメラをやっている人とって恥ずかしすぎることだったりします…。

あたりまえの知識だからこそ、わかりやすく書かれた記事がないんです。

 

是非とも、私の失敗を活かしてください…。お願いします…・

恥を忍んでこの記事を書きました。

 

 ※以前のブログから記事を移転しました。