ぽぽたんのうつハック

ぽぽたんは飼い猫のあだ名です。

2017年の世界で『Ever17』プレイしました感想

こんにちは、ギリギリ葉鍵世代のぽぽたんです。

今回は名作と名高い『Ever17 -the out of infinity-』をプレイしたので感想です。

 

ネタバレ全開&なんの得るものもない、ただの感想です。

全文を通して、「2017年の世界でプレイすることによる感想」みたいな軸があるので、人によっては不快に思う点があるかもしれません。

ですが、すっげー面白かった!と息巻いて書いているので、多少ご容赦頂ければと思います。

 

もちろん、未プレイの方はDMMでダウンロードできるから買って!!頼む!!!それから数々の名考察を読んでも遅くないので!!

 

以下、ネタバレです。

 

 

f:id:icomog:20170509165508j:plain

好きなヒロインは空さん!たまんなかったです!

 

 

『ever17』感想

せっくなので余談からはじめますが、ギリギリ葉鍵世代の私にとって、いつかやりたいADVの一つに本作である『Ever17 -the out of infinity-』がありました。

 

このゲームをやらずにノベルゲームを語るのは浅はか・これほどの大どんでん返しに出会ったことはない・ネタバレをみると物語の魅力が全て失われる…などなど

 

ちょうど10年前程なので、ever17発売当時の熱はおさまりつつあり、プレイしたことのないノベルゲーム人口の方が多い時代だったような気がします。

プレイした人は一目置かれているような感じで。

なのでタイトルは有名ですが中々プレイに至らず、ここまできてしまいました。

 

ですがいつかやりたいというか、死ぬまでにやりたいゲームの1つでした。

そのため、一切のネタバレを断ち、公式サイトやwikiすらみることもなく、数々のレビューを避けていました。

それからプレイするタイミングがなかなか得られないまま、2017年5月1日―――。

どうやらこの日がゲーム内では物語が始まる日であるらしいと知り、、、

 

f:id:icomog:20170509131404p:plain

買いました。

 

 

未プレイの方はもう読んでいないでしょうか。

下記からは感想です。

 

どこから書いたらいいのかわからない感想

 

これまでのゲーム人生の中で、パラレルワールドものやループものは何作かプレイしていましたし、まっさらな感性を持つ思春期だった私はめちゃくちゃ影響を受けました

20代後半エロゲオタクの大半は、ゲーム観に大きく影響を与えた作品の1つは並行世界やループものなのではないでしょうか?(暴論)

 

私が並行世界ものゲームに初めて触れたのが、『Air』でした。

もちろん号泣&号泣&大号泣。

こんな展開があるのかと驚愕しきりで、こんな演出をゲームなら行うことができるのかと感動して、のめり込むようにノベルゲームへ傾倒していきました笑。

BLゲームに手を出し始めたのも、『神無ノ鳥』という名作が女性版Airと呼ばれていると知ってからでした。頼むから再販してくれ~~~埋もれるのはもったいない~~~~~~

 

『CROSS†CHANNEL』『マブラヴ オルタネイティヴ』『CLANNAD』『リトルバスターズ!』『デモンベイン』『スマガ』…

どの一作も思い入れが深く、許せばどのゲームも懐古記事を書きたいぐらい影響を受けたのですが、私のキーボードをたたく指が折れるので割愛。

あえて言うなら、私生活が崩壊した。

 

そんなever17の後に発売される名作をプレイしていたこともあり、目の肥えた豚に育ってしまったこともあり、「いくら往年の名作といえど、多少驚く程度だろう…」と思っていました。

 

ループものか、または並行世界ものか…。

わかりやすく土台をひっくり返すには、物語の大枠を更に広げることが定番ですからね!

 

まあそんな生半可な気持ちでever17をプレイしていたので思いっきり騙されました。

いや~~~~~~、ループや並行世界(の歪み)に思わせる展開、飼いならされた豚ほどひっかかるでしょ~~~。

 

何度もループを繰り返すうちに、摩耗し疲弊していく世界に出現する”歪み”…。

歪みをこじ開けることでその閉鎖された運命から脱出し、主人公は世界を”書き換える”。

 

私が少女だった大昔では”新しすぎる”設定でしたが、今では使い古されつつある概念。

今のオタクは少しでも物語に異変があれば、思考停止をするレベルで「並行世界」を指摘するほどに。

なんなら並行世界ものといえる『君の名は』がオタクでない老若男女にも大ヒット!

並行世界ものやループものは決して珍しいものではなくなりました。

 

と、い、う、プレイヤーへのミスリード!!!!あーひっかかった!

気持ちいいぐらいひっかかった!!!

 

ココ編の、少年の鏡の姿のあたりではあまりピンとはこなかったのですが、優の名前が優秋であることを知るところでも「世界の歪み系かな?」と軽く流していたのですが、ツグミの名前は「月海」とあてると語られるあたりから全てが繋がって脳汁ドバドバ「うわうわうわ」と声がでました。

沙羅が何故、ココがツグミから習ったという子守歌を歌えるのか。

そしてココは”ママ”から教えてもらったという子守歌。

ママの名前が入った「月と海の子守歌」というタイトル。

つまりママはツグミである。

そして沙羅の持っているペンダントの男性はパパである武であるはずだが、プレイヤーの知る武の姿ではない。

すると、我々の目の前の武は誰だ―――?????

みたいな感じの思考が一瞬で巡り、普段は何も考えなくていいアニメ大好きなフレンズですので、久しぶりに脳みそに血流が通いました。

 

ループでもなんでもなく、過去行われたことを再現したお話であることが判明し、やられたゾ~。

やられた…やられた…と軽い放心状態になりながら立派に成長した姿をみせる優春から語られる、第三者視点。

いまでは決して珍しい設定ではなくなったけれど、BWというメタ視点を作品に溶け込ませる融合度の高さは今でも評価すべき点でした。

ずっと我々は武や少年の”目”を通じて、物語をみてきたわけです。

 

マルチエンディング系のゲームにおいて、「そういえばこのルートでは○○は何をしていたっけ?そもそもこのルートで××は登場したっけ?」みたいな混乱はどなたにも経験があるかと思います。

そのプレイヤーの混乱を反映した少年の思考に、騙されていたのです。

いやー、本当にずるい。ずるい。

 

 

そういえば、「2000年代のゲームだからかキャラクター造形が古く懐かしい感じ」と思った自分に衝撃を受けました。

少なくとも鍵作品を難なくこなしていた自分がそう感じる日が来るとはと…。

電波キャラに付き合いにくさを覚える時代がくるとはと。。。。

 

ココのようなキャラは”ガイジ系”と評されてしまう世の中です。

過去はちょっと個性的なヒロインでも”実は寂しがりや”とか”実は弁が立つ”とか”実は神”とか、本人をよくよく知ろうと頑張ったじゃないですか!?

彼女のいいところを知ろうと頑張ったじゃないですか!?!?

「ひらがなみっつでことみ」なんだよことみちゃんはよお!??!?!

常識的なキャラが多いほど物語の理解が早まるし物語に入り込みやすくなるのは100も承知なのですが、新しい時代がきているんだな…としみじみしました。

乙女ゲームもそうだけど、「普通にいい女子高校生」とか「普通にいい男」みたいなアニメのキャラとは思えない、個性が引っこ抜かれたような子たちが多いもんね最近。

 

ずるいポイントといえば、「主人公の個性によって被攻略ヒロインとの関わり方が変わる=√によって被攻略ヒロインの行動が変わる」という固定観念を的確についてきたこと。

武編でできたことを、少年編でできなくても”主人公が違うから”仕方ないと問題視しないのです。

思えば、武編である空√で優は警備室からのアクセス権限に関するパスワードをわかっているのに対し、少年編である優√ではパスワードはわかっても(本当にアクセス権限のあるPASSなのかは怪しい)ユーザーネームで引っかかってしまったのはなぜだろうとか、そもそも武編のBADEDで恋心を告白して死んでいった優を少年編で攻略できるのは変な気持ちだなとか、いろいろ違和感はあったんですよね…。

よくゲームをする人間ほど引っかかってしまう所以ですね。

 

 

良い点を挙げてみましたが、やはりネックをあげるとしたら、「2017年に」プレイしてしまったこと。

 

タイムリープや第三者視点という叙述トリックが珍しいものではない現代で。

攻略キャラクターに対して”くどさ”すら感じてしまう現代で。

一瞬で既読をスキップできる機能が実装されている現代で。

製作者側がプレイヤーにストレスなく物語を作るスキルがある現代で。

 

どうしても私の中で「往年の名作」の域を出ることができませんでした。

物語自体は本当に面白かったです!とても楽しませて頂きました。

 ですがever17は私の中では古典に近く、FF15を好きな人にFF6を薦めるような、村上春樹が好きな人に「グレートギャッツビー」を薦めるような、なろう系ファンタジーが好きな人にロードス島戦記を薦めるような、そういう感じに近いのです。

もちろん色あせることなく面白い作品であるのには変わりないのですが、やはり発売当時の衝撃には叶わないと思います。

 

そして本作に大変影響を受けた後続の名作ゲーム達は、正統に脈々とever17の血を受け継いでいるからこそ私はそう思うことができる。

本作の設定を”新しいもの”とは感じず、キャラクターを”くどい”と感じる。

それは後続の作品が、面白い作品を作ることで「新たな境地を作り出す」ことに成功したからです。次のステージに進んでいるのです。

記念碑的な、大切な作品なのには変わりありません。

ただ2017年にプレイしてしまった!そこが問題でした。

 本当の意味で価値観が固まる前の思春期にプレイすべきゲームです。自分がうら若き乙女でないのが恨まられます、当時プレイできた方が羨ましいです。

 

最後に

少年はBWの目を通して優√や沙羅√を把握しているのも面白かったです。

ゲームの登場人物である武やココやホクトにとっては、ある意味ループものであり並行世界ものであるのですが、プレイヤーである我々にとっては一貫した一つの物語なのです。

 数々の三次元世界(たくさんのエロゲ)をコレクションし、プレイすることのできる我々は彼らにとっての(n+1)存在。

おにいちゃんと呼んでくれる可愛い妹がほしいですね。

 

大分おそまつな記事になりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。

本当に面白いゲームでした。

【ネタバレ無しand有り】『Collar×Malice』レビュー&感想

こんにちは、乙女ゲーム大好きぽぽたんです。

今回は、乙女ゲームアワード2016年にて大賞を受賞した大人気作品『Collar×Malice』(カラーマリス)をトロコンしましたので感想を書きたいと思います!

一言感想を書くなら、「シナリオ重視派ならプレイすべき!オトメイト作品でも指折りの良作!」です。とても楽しんでプレイしました!

 

以下はネタバレ無しのレビューとネタバレ有の感想です!

いやー、もしも購入を悩まれている方の一助になればうれしいなと思います。

人に勧めたくなるタイプの作品でした。

 

f:id:icomog:20170413194430p:plain

Collar×Malice

 

 

【ネタバレ無し】レビュー

簡単な作品紹介

謎のテロ組織によって日常を奪われた都市”新宿”にて、警察官一年生の主人公は業務になれつつあった。

だがある日、組織に拉致され、毒を仕込まれた首輪をはめられてしまう。

首輪を外すには新宿を悪夢の街へと陥れた「X-Day」の謎を解かなければならないという。

主人公は「X-Day」事件を追う男性たちと出会い、正義を胸に、謎を追う。

 

レビュー

乙女ゲーム界において色褪せない大人気作品『CLOCK ZERO ~終焉の一秒~』『AMNESIA』を手がけた、島れいこPの鳴り物入りの最新作!!

『AMNESIA』の世界をよりドラマティックに仕上げた、最高を確約されたイラストレータの花邑まい氏!

そしてOPを飾るのは、大人気バンド「Plastic Tree」!!

 

オトメイトが金をずぶずぶにつぎ込んだ、渾身の力作であることが、このラインナップから漏らすレベルでわかりますね。

 

だが大作ほどコケる傾向にあるオトメイト。

果たして本作はどうなのか?と戦々恐々、様子見をしていたプレイヤーも多かったかと思います。

私もまさしくそれで、発売当初はP4やFF15などが発売されることを言い訳に、見送っておりました。

 

せっかくなので、この作品を良作たらしめた要素を列挙しますと、

  • 乙女ゲームの癖に、攻略キャラクターが理性的すぎる
  • 乙女ゲームの癖に、攻略キャラクターの重い過去が比較的あっさり流される
  • オトメイトの癖に、攻略キャラクターとのディープキスがない
  • 乙女ゲームなのでほどほどに攻略キャラクターが依存してくれる
  • 風呂敷を広げるタイミングが絶妙&風呂敷をきっちり畳んでくれる
  • そこまで血みどろの話ではない
  • オサレシステム

f:id:icomog:20170413205841j:plain

ただのシーン切り替えカットインですらこんなにオサレである。

 

簡潔な文体&テンポの良さが、物語にぐいぐい引き込まれていく要因なのだと思います。

1つ謎を解決したかと思えば、謎が出てきて、その謎は簡単には解けない。

どのキャラも趣向をこらしているので、「ハンコかと思ったけど全然違ったぜ!!HAHAHAHA!!!」とミステイクを認めてしまう程度にはシナリオ、頑張っています。

 

ですが推理もので「この声優は大御所だから犯人」みたいな、メタメタ推理をしてしまうタイプの人にはおすすめしません!!!!笑

メタ視点で物語を俯瞰する人には一瞬で物語の大枠がみえてしまいます。

そういう視点で見ておきながら、「犯人わかってたわ~つまらんゾ~」と作品を批判するのは粋ではないですからね。

 

そういう人向けの意表を突いた√もあるにはあるのですが、基本的に「物語を楽しむために脳みそを空っぽにする」スキルが必要になるかと思います。

良い意味で。

 

 この物語で軸となる『X-DAY』事件とは、『アドニス』と呼ばれるテロ組織の起こした一連の殺人事件のことです。

簡単な概要は下記の通り。

  • 4月に拉致られた汚職警察官が、動物の被り物をさせられ射殺される趣味の悪い映像を全世界公開!
  • 6月には、とある中学校の一室で爆破事件!一クラス分の生徒が爆死
  • 8月は、あるネトゲプレイヤー十数名が次々に通り魔に合い刺殺
  • 12月、とうとうアドニスの毒牙が主人公に!致死性の毒を仕込まれる!

どうでしょうか。アドニス、悪いやつらです。

警察官という絶対的正義を背負った主人公が成敗してやらねばなりません。

この上記の事件で少しでも心がウキウキしてきた方は、本当にプレイをおススメいたします!

きっと想像するよりも風呂敷が広がります!そしてちゃんと畳まれていきます!

『Collar×Malice(以下、カラマリ)』の評価点はやはり話が完結した点が大きいです!

 

またカラマリ、主人公ちゃんが良識のある人間です。

人に寄り添い、誰かの傷を想い悩み、料理上手な不器用な人間です。

そういうところもあり、選択肢によってはもどかしい行動を取ったりもしますが、基本可愛いので許してください。

最初の難所である弟の関係も、ちゃんと良い形に持って行ってくれます。

 

本作品において、キャラクターとのいちゃいちゃが少ない点もあり、なぜ惚れたのかがわかりにくいという意見を耳にしましたが

あえて言いましょう。

可愛い+巨乳+性格が良い女の子が隣にいて、惚れない男がいるのか!?

いや、いない(反語)。

 

確かに、”どこに惹かれたのか”とキャラクターや主人公の口から語られることは少ないですが、そこはもう読解力を働かせてください!

死んでしまったキツネのごんの気持ちを考えるレベルの国語力を使ってください!!

 ちゃんときっかけはあるぞと私は思います。

 

1つ欠点をあげるならば、キャラクター達が大人なので、序盤はあまり心の内を話してくれることが少なく打ち解けるまでに時間がかかる…ということでしょうか。

ですが攻略キャラクターと手を繋ぐまでいけば、ストーリーはマッハ!剛速球で展開していくので、ゲームの辞め時がわからなくなります。

睡眠不足必至です(私はそうなりました)。

 

いちゃいちゃは少ないとはいえど、気持ちを伝えた後の甘酸っぱいエピソードがあったり、キスぐらいはするので、ネオロマンス作品よりは甘いと思います笑

 

プレイをおススメできる人

シナリオ重視派はやって損無し!やるべき!

きっと今の乙女ゲームで、人気と作品の質が釣り合った作品はカラマリぐらいだと思います。カラマリをアニメ化せずに何をするんだ!?というぐらいには良くできた作品です。

 

いちゃらぶ好きは、シナリオにときめく要素がなければ見送ったほうが良い!

『ゆのはなSpring!』がとても面白いのでやりましょう!!

 

 

推奨!キャラクター攻略順

白石は二週目以降に攻略でき、柳は4キャラ攻略後に開放されます。

謎解きものですので、「この順番だとより楽しめるかも」というものがありますのでご紹介します。

 

榎本峰雄→笹塚尊→岡崎契→白石景之→柳愛時

 

私は上記の攻略順でプレイしましたが、楽しくプレイできました笑

ご参考頂けましたら幸いです。

 

以上、ネタバレ無しのレビューでした。

これから下記はネタバレ有の感想です!

 

Collar X Malice - PS Vita

Collar X Malice - PS Vita

 

 

 

 

 

 

【ネタバレ有り】感想

 

f:id:icomog:20170414095046j:plain

まさか『胸キュン☆告白百選』ルートを跨いで出てくる存在とは思いもよりませんでした!!笑

ある意味アドニス実行犯達よりも存在感があって、笑ってしまいました。

白石√でちゃんと活用されていたのも面白かったです。純真かよ白石。

 

ネタバレが嫌な方はこちらを閲覧していないでしょうか。

以降は、既プレイ向けにばっちりネタバレをしたいと思います。

 

総合的な感想

このクオリティの作品をオトメイトが発売したら、そら乙女ゲームアワード一位も取るよなという納得の作品でした。

物語、キャラクター、システム、どれも洗練されていました。

さすが島P、需要と自分たちの理想を混ぜるのが上手い…!と唸りました。

きっとカラマリの派生作品がどんどこ発売されると思いますが(これもうれしいけれど)、もっと新作ゲームを作ってほしいと願わずにはいられませんでした。

 

乙女ゲームは良作が発売されても、やはりブランドに求心力がなければ埋もれるor発売後じわじわ売れていくというのが常です。

発売直後に爆発的な人気を得ることはできたのは、やはり多くの女子に愛されているオトメイトブランドだから。

いつも話している気がしますが、オトメイトには圧倒的資本で乙女ゲーム業界を引っ張っていってほしいですね。

 

カラマリはわりとちゃんとした刑事もの&サスペンスものというのは嬉しい誤算でした。

乙女ゲームなので、やはりキャラクターとの心の交流に重きを置くのかと思っていましたが、想像していたより硬派にサスペンスをしていましたね!!笑

ミステリ小説大好き人間なのですが、笹塚の圧迫面接で何度も選択肢を間違えました!間違えると露骨に嫌な顔をされるのも、笹塚らしくていとおしいぐらいには調教されましたが。

 

ただ前述したように、メッタメタ視点で物語をみてしまうと犯人やキャラクター達の過去が垣間見えてしまうのも確か。

私も「こんなにいい感じのキャラなのに、あいつにルートが用意されていないのはそういうことか…」プロローグの時点でメッタメタ目線をしていました。ありがとうございました。

ですが物語はとても楽しめました。

いくら想像がついたとして、至るまでの過程が大切なので、そこはきちんとカラマリは描けていたかと思います。

 

ただ「”正義”は絶対的なものではなく、各々の立場によるものなんだよ。」みたいなところを伝えたかったのかと思いますが、ヒロインの逡巡でわかりにくいものになっていたような気がします。

警察側とアドニス側の二項対立として描いたため、それこそニッチにもサッチにもいかないような葛藤がわかりずらかったかもと…。

まあアドニス実行犯達が追い詰められる原因となったやつらの”悪意”というものが本当に邪悪なので、プレイヤーも思い悩みますよね。

でも私刑は良いものじゃないゾというのがカラマリ。凄く優等生な作品だと思います。

教祖様に関しては後個別に語れたら…!と思います。 

 

また凄く好きだったのは、ルートによって香月との打ち解け方が変わるところです。

 榎本√だと、新しいお兄ちゃんができたかのように香月がどんどん明るくなり、

笹塚√だと、あんな奴と付き合って大丈夫なのか!?と香月が心配してくれるのが嬉しかったり(そして岡崎と仲良くなっているのにほっこりしたり)

f:id:icomog:20170414103953j:plain

f:id:icomog:20170414103958j:plain

この差である。

クリスマスパーティをしている姿をみてほろり…ときたり…。

香月も主人公も、いうならばボタンを掛け違えただけで、お互いのことを大切に思っているんですよね。最初はお互いに「こっちはこんなに想っているのにどうしてわかってくれないんだ!!」と頑ななのも、ある意味兄弟だなあとプレイ後は生暖かく思います。

 

香月は、友達が失踪したりバンドのメンバーが過去誤認逮捕されてたりファンレターをくれた人間が殺人犯だったり姉はテロ組織に狙われていたりと、どこの主人公だよみたいなパーフェクト災難人で同情します。

渦中の人なのに、なにもできないもどかしさみたいなものを香月はいつも抱えていたのだなあ。

 

以降はキャラの個別感想です!

 

 

柳愛時

f:id:icomog:20170414105239j:plain

オトメイトの黒髪に心を許すな、そいつは黒幕だ!

と信じて生きてきたので、柳さんも半信半疑になりながらプレイしていたのですが、柳さん…イイ男だった…

何の裏表なく、愚直に己の正義に従う彼は、本当に乙女ゲームのキャラかな?というハードボイルドさ。

しかもヒロインよりは年上なので、一見大人キャラにみえがちであるが、まだ20代なので可愛いところもある!すごい!完璧!

主人公とくっついてからは、押して押されてみたいな、どちらが場の主導権を握るか仁義なき争いを繰り広げているのも可愛いポイントでした。

付き合ってからの、やんちゃな時期のせいで口が悪い柳さんも最高です。

 

文句のつけがたい、頼りがいのある男でした。

みんなのパパなのもよろしい、パパ…。

こういうなーんの裏表もない無個性なまでの良い男性キャラが乙女ゲームでも出るようになったんですね、時代は変わった。

 

 

岡崎契

f:id:icomog:20170414110325j:plain

振り返ってみると、カラマリで一番拗らせていたのは岡崎でしたね。

岡崎の生き方を主人公が2章も使って説教して力づくで納得させる様には涙がちょちょぎれました。

ここまで頑固な人間にはみえないのに、中々わかってくれない様子には主人公ともどもやきもきしました。

岡崎は他√だと柔和な物わかりの良い人に見える分、自√でのわからずや感は衝撃でした。

まあくっついてからは…あれだよ!乙女ゲームだよ!

f:id:icomog:20170414110850j:plain

このシーンには笑わされた。

でも柳√(という名の大団円√)では岡崎の本質は救われないのが、また悲しいですね。

個人的には、次々と爆発する林から主人公を抱いてダッシュするスチルが「これぞボディーガード!」と拍手喝采でした。

好きな人はドハマりするタイプのキャラですね、岡崎。いいやつです。

 

榎本峰雄

f:id:icomog:20170414143644j:plain

主人公の童貞を一撃で殺す制服の被害にあってしまった可哀想な人。

おっぱいを強調したブラウス、ヒップのかたちがわかってしまうタイトなスカート、40デニールぐらいの上品に透ける黒タイツ…。

これが童貞を殺す服じゃなくてなんなんだ!コスプレかよ!

 

しかしここまで仲間達から童貞いじりされるキャラも珍しい…と思いながらも、童貞キャラ大好き人間としては、そういう仲間との関係性まで含めて美味しかったです。

f:id:icomog:20170414144150j:plain

テンプレ反応すぎて、むしろ国を挙げて保護すべき童貞である。

 

ヒロインと仲良くなるまでに紆余曲折あったのでわかりにくかったですが、榎本の人当たりの良さがわかるエピソードが好きです。

あれだけ気さくで甘え上手・甘やかし上手だったら出世もするし、柳さんも仲間に入れてしまうわい。

だからこそ彼は償わなくてもよい罪を背負い、苦悩してしまうわけですが…。

 

白石√にはなりますが、うきうきでクリスマスツリーを用意する榎本に笑わされて場が和んだりしましたね。

ムードメーカーです。

 

仲良くなれば気のいいお兄ちゃんなところもポイント高いです。

頭脳明晰すぎる探偵事務所勢の中でも、主人公と同じスタートラインに立てるキャラなので、相棒感というか親しみを持ちやすい人でした。好きです。

童貞だけど。

 

 

笹塚尊

f:id:icomog:20170414144836j:plain

帰国子女は破廉恥担当という俗説を崩さなかった人。

カラマリは奥ゆかしい攻略キャラが多いので(あの白石ですらそうだし)、笹塚√はかなり甘めだったのではないでしょうか。

f:id:icomog:20170414145219j:plain

これなどは涙がでるくらい笑った。

 

笹塚√で面白かったのは、主人公が手料理スキルを活かそうとする選択肢は好感度が下がるところでした。

おいおい、乙女ゲームなのに女子力を発揮させてくれないのかよ!そして女子力に惚れてくれないのかよ!榎本は一発KOだったのに!

主人公を自宅での飲みに誘うなど、異性慣れしすぎていてヤレる男感(意味深)が凄かったですね。

他人に興味がないタイプの人間なのできっと童貞だろう…などと思いながらも、榎本との差はどこで生じたのか。慢心、環境の違い。

 

私は毒舌キャラがあまり得意ではないのですが、√も終盤になると笹塚の口の悪さが心地よくなりました笑。

一言ガツンと言ってやれ!笹塚!みたいな心境になるようにしっかり調教された結果ですね。

f:id:icomog:20170414150002j:plain

悪びれもない。

余談なのですが、笹塚√をプレイするとドーナツが食べたくなりました。

あえて抹茶ドーナツを食べながらプレイしていました。

 

 

白石景之

f:id:icomog:20170414150512j:plain

最近の乙女ゲームは、フェロモン担当キャラこそ実は純粋だったという展開が多いのですが白石もまさにそう!

最初は大学教授のような抑揚で長文を一息に喋るキャラだったのに、次第に「なに…訳わかんない…」みたいな短文を話すかわいい子ちゃんに。

√も中盤になるにつれ、母性がくすぐられたプレイヤーも多かったのではないでしょうか。

 

ですが、一番怪しいキャラこそむしろ一番怪しかったという、むしろ新しい設定には驚きました。

まさかの内通者が一番怪しい白石ですものね、ちょっと笑いました。

彼の行動原理は何もなく、生かされている間は命令に従うだけ。

一見無為にみえる人生の中にも、御国や柳という彩りがあったと気づかされるのが彼の√であり、柳√なのでしょうね。。

 

アドニスという組織は計画的にスパイを養成できるほど大規模な組織であった…というのが彼の√で判明するのですが、それ以上の規模感の説明や描写が少なかったのは少し残念でした。

主人公という一般市民の目線で事件を追う物語なので、それ以上の説明は不要だと判断されたのだろうか。

 

切ないのが、彼が猫ファッションを卒業してしまうことですね。

f:id:icomog:20170414151946j:plain

この可愛い猫耳と猫ネクタイピンが

f:id:icomog:20170414152131p:plain f:id:icomog:20170414152136p:plain

無くなってしまうのは切なくはないか??

そしてあの後日談シナリオは悲しすぎないか???

 

だれかの正義のために、罪人は裁かれる。

法の下で裁かれることを望んだ彼は何を考えて、望んだのだろうなあ。

 

 

 その他のキャラクターについて

f:id:icomog:20170414152647j:plain

白石のところにも少し書きましたが、ちょっとだけ残念に感じたのはアドニスという組織がどれほど強大で・多くの人間を抱え・資金があるのか、という部分をもう少し掘り下げることができたなら、よりラストバトル(?)に緊張感が持たせられたのではともったいなく感じました。

逆に風呂敷を広げ過ぎなかった結果なのかもしれませんが、それのいかんによってはもっと絶賛できたなあ…。

教祖様の掲げる”正義”が悪の組織の親玉!というよりは、駄々っこのように感じてしまうのももったいなかった。

もっとお互い理解し合う余地はない、この弾丸が正義を決める。みたいな燃える展開に持って行ったほうがよかったなあ。と偉そうに文句をいいましたが、ゲームはとても楽しめたので満足です。

 

また御国は妄信担当とのことでしたが、もう少し構成員としての狂気をみせてほしかった…!幼馴染を気にする良い人みたいなポジションになってしまったのが残念です。

 

好きな犯人は宇野兄妹です。子供が可哀想な話には弱いんじゃよ…。

また個人的に峰岸警視が好きなので、FDがもしも出たら、攻略できたらいいなあ。

 

 

最後に

ここまで読んでくださりありがとうございました。

大満足の作品でしたし、どうしてもっと早くにやらなかったんだ!?と何度も思いました。

もしも真犯人が誰なのか知っていたとしても、意外と真犯人は関係なかったりもしますので、是非ともプレイしてみることをおすすめします!

結論に至るまでの過程が面白い作品なので、ぜひぜひ!

 

しかし2016年はゲームの豊作年でしたね。2017年もそうなることを祈りつつ。

よろしければゲームの感想などをお聞かせいただければ嬉しいです。

ぽぽたん (@popotanhayume) | Twitter

 

 

 

Collar×Malice Art Works

Collar×Malice Art Works

  • 作者: アイディアファクトリー,デザインファクトリー,一二三書房,花邑まい
  • 出版社/メーカー: 一二三書房
  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

Collar×Malice 公式ビジュアルファンブック (B’s LOG COLLECTION)

Collar×Malice 公式ビジュアルファンブック (B’s LOG COLLECTION)

 

 

 

Collar X Malice - PS Vita

Collar X Malice - PS Vita

 

 

 

icomog.hatenablog.jp

 

泰衡√『遙かなる時空の中で3 Ultimate』感想

 

こんにちは、乙女ゲーム大好きぽぽたんです。

2月頃に発売された遙かなる時空の中で3 Ultimate』藤原泰衡を攻略したので感想を書きたいと思います!

 

一言感想を言うなら、「泰衡ファンは泣いてひれ伏す絶対プレイすべき、それ以外の人はどうだろう…?」という感じです。

 

ネタバレ有とネタバレ無しの両方の感想を書きました。

 

遙かなる時空の中で3Ultimate(以下、遙か3U)』全体の感想ではないので、未プレイの方にはつまらない記事になるかもしれませんが、精一杯”藤原泰衡”という人間の魅力を伝えられるよう頑張りますので宜しくお願いします。

 

f:id:icomog:20170406023057j:plain

 

 

【ネタバレ無し】遙か3U泰衡√感想

簡単なあらすじ

源頼朝の裏切りを受け、失意のまま奥州平泉へ流れ着いた主人公一行。

そこでは、九郎と旧知の仲である藤原泰衡と出会う。

主人公に対して冷たい態度をとる泰衡の真意はよくみえなくて…。

刻々と源氏軍は平泉へ近づき、戦火は逃れられないものになった。

 

簡単な紹介

まず藤原泰衡という男の情報を整理したいのですが、

 

  • 国を心から愛し、民を想っているのに、民衆の好感度は最低
  • とにかくツンツンしているかつ悪意に溢れる冗談を言うので、人望がない
  • 死ぬ間際に思い浮かぶほど友のことを信頼しているのに、友(九郎)は泰衡のことを信じ切れていない。
  • 乙女ゲームなのに、死ぬ間際に想うのは父親と友と治める国のこと
  • そして死ぬ間際をモチーフとしたキャラソンを歌わされる
  • 大体死ぬ。
  • 十六夜記においての悪役ポジ
  • 声優は鳥海浩輔なのに甘いセリフ一つ無い
  • あるキャラクターの後日談イベントで、彼単体のイラストまで用意されている&そのキャラを当て馬にするレベルで魅力的に描かれているのに攻略できない。
  • 攻略できない。

 

いやあ、とても魅力的なキャラですね。攻略したくなりましたね。

彼は人を頼らず、孤独に自分の信念を貫こうとしています。

だからこそ、誰の支持も感謝もなく、一人春を迎え眠りにつくのですが…。

そして彼の想いや考えを知ることもなく、主人公は平泉をたちます。

 

しかも「もっと早く出会えていたら、異なる運命だったら、2人は違った関係になれたかもしれない」というのを、泰衡からも主人公からも示唆されます。

もちろん攻略できないです。

 

「な、なんて悲しい運命なんだ…」とプレイ当時は愕然とし、「どうしたら藤原泰衡は幸せになれるのか」と真剣に考えあぐねていた日々…。

ドラマCDを聴き、銀後日談を何度も見ては焦燥感にかられ、『奥方殿』というセリフが聞きたいがために1万円を出し、だけれど結婚式を挙げている彼をみて文字通りの幸せを噛みしめ、キャラソンを聴いては切なくなり…。

 

そんな日々もさよならだ!!!

藤原泰衡は攻略キャラクターに昇格したので、スーパーハイパー男前主人公に全て守ってもらえるぞ!!!

DLC代2500円を払う必要があるけれどな!!!

 

簡単な感想

 一言で言うなら最高、二言言っていいなら最高&最高でした。

とにかく前述した悲しいキャラクターである泰衡が攻略できる&救われるので、八葉を裏切って泰衡につくBADEDをみて「これが泰衡ED、きっとここから二人は幸せになれる…」と自分に言い聞かせていた泰衡ファンはやるべきです。

 

泰衡ファンの心のよすがは、桜の木の下の、お互い憎からず想っていてちょっと背中を押せばくっつきそうなのに異なる運命なのでこの時空では縁を繋ぐことのできない2人(白龍風)だと思うのですが。

f:id:icomog:20170406000743j:plain

いやあ、ようやく心もくっつくんですよ!

ネタバレしますが、身体もくっつきますネオロマ程度に)

凄いぞDLC!愛しているぞDLC

 

 

泰衡√のはじまりは、取り付く島もないツンツンツンのあの泰衡です。

ヒロインを一瞥しては存在を無視するかのように去り、ヒロインの言動の一つ一つを論破しては否定し、全く心の内を明かさない。

だか今回は泰衡√が実装されている。

ツン:デレの割合が10:0だったあの泰衡が、ななんと!9:1ぐらいにはなっている!

 

しかも泰衡のデレ顔も描き下ろされているぞ!!!!!!

f:id:icomog:20170406001932j:plain

(この仏頂面をデレデレにすることができる権利が買えるのは2500円払った人だけ!)

 

泰衡には自分を犠牲にすることでしか国を救うことができませんでしたが、泰衡の真意を知った主人公とともに新たな道を画策していきます。

しかも同人誌でしかみたことのない泰衡の照れる様子とか、同人誌でしかみたことのない泰衡が主人公を慕う姿とかが、なんとフルボイスでみれます。

しかも同人じゃなくて公式なんです。

 

でもネオロマなので、期待しすぎないでね。

手をつないだだけで「破廉恥だ!」と騒ぎ立てた、あの純粋だったころを思い出せるネオロマンサーには満足な甘さです。

逆に告白をする前に性行為とか、出会って三秒で壁ドンとか、そんな風紀の乱れた乙女ゲームに鉄槌を加えるぐらいには硬派な√に仕上がっています。泰衡√。

 

ただ少し気になるのは、甘さ控えめ&他キャラクターがあまり出てこない&シナリオも短くはないが長くもないので、果たして泰衡好き以外の方は満足できるか心配であるというところです。

少しでも泰衡に心残りがあればプレイをするのを積極的におすすめしますが、それ以外の方に2500円払ってもらうには忍びない…。

いや、2500円払ってください!お願いします!!!

 

本妻攻略キャラである8人にはボリュームなど劣ってしまいますが、幸せな気持ちになれて少し苦味もあって…、遙かシリーズで例えるとアクラムやナーサティヤみたいな感じです!宜しくお願いします!

 

簡単な攻略情報

少しフラグ立てが難しいので、簡単な攻略情報を記載します。

  • 2章で九郎の許嫁イベントを起こす
  • ヒノエの秘密を知っていて、2章でヒノエを仲間にする
  • 2章の銀の秘密を知るイベントを見ることができる&起こす

この状態で、3章にて「敵地を偵察する→この場所に残る(九郎達と追討に行かない)」選択肢を選べば平泉へGOできるのでご参考ください。

一週目で攻略できないどころか、3・4週必須という感じですが、頑張ってくださいね…

 

 

 

 

 

バラエティCD 遙かなる時空の中で3 Ultimate 月華の宵

バラエティCD 遙かなる時空の中で3 Ultimate 月華の宵

 

 

 

【ネタバレ有り】遙か3U泰衡√感想

余談なのですが、絆の関弁慶√では2回しか拝むことのできない弁慶さんの貴重な照れ顔の1つは弁慶からの告白を断ったシーンでしかみれないというのは流石に笑いました。

f:id:icomog:20170406004850j:plain

弁慶や泰衡のような食えない人を出し抜いて素を引き出せるのは良いですが、さすがにこれは無いとおもいます!ルビーパーティさん!!

 

 

どうでしょうか。

ネタバレ見たくない組の方は抜けることができたでしょうか。

下記はネタバレもバンバンしちゃうタイプの感想です。

 

ネタバレする感想

さっそくキャラクターソングの話をはじめて大変恐縮でありますが、藤原泰衡という男を理解するには「瞑目の白き残像」という曲の歌詞をさらうのが一番だと思います。

泰衡が死んでいくだけの曲なのですが、色々未練などが見れて、「彼は一緒に戦ってくれる仲間もおらず、救いも求めず、ストイックに生きた孤独なだけの人間だったんだな…」となんだかしみじみします。

 

藤原泰衡(鳥海浩輔)/歌詞:瞑目の白き残像/うたまっぷ歌詞無料検索

 

そんな彼を救うことができるのが、本作である泰衡√!

もう泰衡さんを一人にさせないぞ!と息巻いてプレイ!

 

神子の手作り菓子である栃餅を「そんな下賤なものを食べるか」と一笑。

八葉が聞いたら卒倒しそうだな…こいつら望美ちゃんのチョコレートで争ったやつらだぞ(ドラマCDより)などと泰衡の手ごわさを感じながらプレイしました。

彼がまtttったくデレないので、そうそう泰衡ってこういう奴だった!と懐かしくなりました。

 

最近のネオロマは甘くなっているというか、さすがに最高の盛り上がりが手を握るところという奥ゆかしさは無くなりつつありますが、泰衡√もなんだかんだ硬派でしたね!

 

前言を撤回するわけではないのですが、

特に泰衡と手を繋いで帰るシーンなどはキュンキュンしました。

f:id:icomog:20170406012334j:plain

えっ、泰衡はこのとき既に主人公のことを憎からず想っているのか!??!!?既にフォーリンラブなのか!??!!?と衝撃を受けました。

確かに泰衡は政務に勉強に研究に忙しそうだから、おなごの手一つ握ったことのない童貞に違いないから、照れてもしかたないかもなあ…

 

他人を拒絶して生きてきた自分に飛び込んできた女性が主人公だけだったんだろう、つくづく可哀想な人だ…としみじみ…。

あと女性の手を握って照れるという普通の感性を持っていて安心しました。

二週目の主人公から手を握るシーンなどは、ある種のエロスさえ感じました。

説明しよう!人は奥手すぎる恋愛を目にするともどかしさのあまり想像力がかきたてられ、突然「エロい…」とつぶやいてしまうのだ!

 

などなどいろいろなイベントをこなしながら、この平泉を襲う厄災は100年前からの因果であることを知ります。

郷土の歴史大好きマン、人生より大切な平泉なのに他人から理解されない泰衡の悲しさよ。

その因果を確実に断つには己が犠牲になるしかないということすら、泰衡は語らない。

主人公がその悲しい想いを知るのは、運命の巡りあわせがずれて、彼の死を見届けてからになります。

 

もう主人公が泰衡の死を見届けるというだけで、もうなんだか、泰衡√を作ってくれてありがとう…!ありがとう・・・・!五体投地なわけですが、ここから恋愛するんだもんよ!ネオロマ

 

遙か3は穏やかな日常で育まれる愛ももちろんあるのですが、一度の逢瀬を悶々と想う日々、でも互いに本音を語り合えぬ合戦場…などなど顔を突き合わせないからこそ育まれる愛も多いんですよね。

泰衡√を評するならまさしくそれ!

お互いに惹かれる気持ちはあっても、それを恋心と認めるには時期が悪すぎる&相手に確かめる術がないわけです!

惹かれ合う想いに理由なんてない!それでいいモン!

昔は遙か2アクラム√からそんな感じだから、凄く納得な感じだったりします。泰衡みたいな男だからこそ、理由などない想いを抱いて情動に突き動かされてほしいですね。

 

 

ヒロインが100年前に行く!と泰衡へ話すと、こういわれます。

泰衡「あなたが時をさかのぼり、命を懸けようと、それを感謝するものなどいない」

「変えられた運命の、先にあったはずのことなど誰も知らぬ!」

「誰の記憶にも残りはしない 俺とておなじだ」

止めてくれるぐらい主人公のことが好きなんだな…心無ければ逆に利用しそうなのにな…となんだかホロりするのですが、このあたりのセリフは運命を変えるジレンマ問題そのものですよね。

リズヴァーン先生のルートなんて運命が複雑に絡み合いすぎていてわけがわからない状態になっていますが、ヒロインが鬼の里を救うことができていたら、リズ先生を師と慕う運命は立ち消えてしまうのかもしれません。

リズ先生の恩人であり初恋の人である神子の存在なんてなかったことになるのです。

そういう救えたかもしれない過去などもちゃんとわかっていて、「今の時空のお前を愛している」というリズヴァーンよ…好き…。

リズ先生だけではなく、生きている九郎の未来を作ったけれど、いうなれば九郎が死んだという事実が失われた誰も覚えていない世界とも言えるわけです。

なんだか遙か3という作品の宿命について考えさせられたセリフでした。

 

 

f:id:icomog:20170406014926j:plain

この笑顔の泰衡を見たときは、本当にうれしくなりました。信じられない衝撃映像ですよ!!!あの藤原泰衡ですよ!!!常に仏頂面でニヤっとしたいやらしい笑い方しかできない!!!あの!!!!

 

「俺の世界を成す根底を変えに行く」と笑顔で去る泰衡…。

泰衡は救われたのだな…ヒロインという存在のおかげで悲しい生き方をしなくてよいのだな…ほろり…。

そしてだきにてんを打ち取った「世界の根底を変えた」泰衡は、新しい生き方をしていくことができるのでしょう。

 

「幸いはこの手の中にある」

「俺は幸せに満たされている」

 

幸せになれてほんんんんんといに良かったね😢😢😢😢

Congratulations!!!

ありがとうDLC!!!ありがとう2500円+税!!!!

ありがとう栃餅!!!

 

f:id:icomog:20170406022004p:plain

栃餅 - Google 検索

 

泰衡をただただ幸せにしてあげたかったプレイヤーにとっては満足でした。

救われた…というような感じで肩の荷が下りました。

泰衡がもっとヒロインをからかって、からかわれて、そのほほえましさに笑ってしまうようなバカップルエピソードとか見れそうで、本当に生きていてよかった…と思いました。

 

ただなあ!!!後日談がないのはな!!!

ハッ

まさか『遙かなる時空の中で3Ultimate愛蔵版』のフラグか!?!?

 

 

余談

f:id:icomog:20170406022430j:plain

一応、銀√後日談なんだからこの描き下ろしはずるい…

 

 

最後に

ここまでつたない文章を読んでくださりありがとうございました。

糞みたいな内容ですが、遙かシリーズへの愛だけはあります。

ネオロマ声優の高齢化が心配されていますが、いつまでもお元気でいらっしゃってほしいですね。。。

そしてキャラクター達に声を吹き込んでほしい。

 

以上、ぽぽたんでした。

 

↓↓おススメの乙女ゲームがありましたら、twitterまでリプをお願いします!↓↓

ぽぽたん (@popotanhayume) | Twitter

 

 

バラエティCD 遙かなる時空の中で3 Ultimate 月華の宵

バラエティCD 遙かなる時空の中で3 Ultimate 月華の宵

 

 

 

 

 

icomog.hatenablog.jp

 

【ネタバレ注意】『ニューダンガンロンパV3』気になる点まとめ&考察

こんにちは、ぽぽたんです。

先日発売された『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』をストーリークリアしました。

ファン待望の新作なのに期待を裏切らない面白さで、寝食を忘れてプレイしました。ほんんとうに面白かった。しゅごかった。

 

しかし回収されていない伏線がちらほらあったので、そこが気になって記事にしました。

よかったら「それは違うぞ」というのも教えて頂ければ幸いです。

 

 

ということで、以降は未プレイの方は読まないことを推奨します。

既プレイ向けに書いているので、未プレイにはわざと不親切に書きました。

ごめんね。でもとっても面白いからプレイしてほしいのです。

宜しくお願いします。

 

 

icomog.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:icomog:20170116212032j:plain

続きを読む

『ダンガンロンパV3』フリーズ&エラーバグ回避方法 自己流

f:id:icomog:20170114224123j:plain

 

こんにちは、ぽぽたんです。

ダンガンロンパシリーズ待望の新作『ダンガンロンパV3』をプレイしています。

時間忘れるほど面白い&シリーズファンの期待を裏切らない最高に面白い。しゅごい。

 

なのですが、残念なことに…3章以降になると、

2017/1/14現在で強制終了のバグが高確率で発生します。

きっとパッチが配布されるので、待っていればいいんでしょうが…。

 

パッチの配布なんて待てないぐらいに、先が気になって、超絶面白いんですV3…。

 

ですのであくまで自己流ではありますが、バグの回避方法を発見できたので紹介できればと思います。

 

 

※2章のフリーズバグについても解説するので、2章の該当箇所までプレイされてから閲覧してください※

 

※物語のネタバレはしません※

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

『大正×対称アリス all in one』感想【ネタバレ有りand無し】

PCにて全4作品発売された『大正×対称アリス』のコンシューマー版をプレイしました!

全シナリオ読破&トロフィーコンプリート済みです。

 

一言感想を言うなら、信者養成ゲームです!私は大好きです笑

以下、ネタバレ無しのレビューとネタバレ有りの感想&気になる点を挙げたいと思います。

 

以前書いた記事をこちらのブログへお引越ししました。

2016年6月ごろの記事になります。

 

 

 

大正×対称アリス all in one - PS Vita

大正×対称アリス all in one - PS Vita

 

 

 

ネタバレ無しレビュー

f:id:icomog:20161209020507j:plain

シナリオ:★★★★☆(人を選ぶ。男性向けのゲームもプレイされる方には違和感なく入りこめる作品かも。私的には★5)

キャラクター:★★★★★(攻略キャラクターのメンタルが弱いことを許せる方向け)

システム:★★★★★(vitaのタッチ操作に特化したシステムでした。満足)

プレイ時間:15~20時間(1ルートあたり4時間程度)

ゲームジャンル:童話モチーフ、攻略キャラクターのメンタルが弱い、ヒロインが強い、セカイ系

 

こんな方にはオススメしない!

乙女ゲームは主人公投影

・攻略キャラクターがメンタル弱いのはちょっと…。

・気になるキャラクターだけを攻略予定だ。

・理屈っぽい話は好きじゃない。

・ファンタジーやセカイ系が苦手だ。

 

こんな方にはオススメします!

乙女ゲームは第三者視点でやっている。

・シナリオが面白いゲームをプレイしたい。

シナリオライターの藤文さんが好きだ。

セカイ系大好きどんと来い!

 

あらすじ

目が覚めた貴方は暗闇の中にいました。

自分が誰なのか、どうしてここにいるのか皆目つきません。

自分の声と足音と鼓動だけがこだまする暗闇の中を走り続けると、1人の少年と出会いました。

彼と手を取ると不安も悲しみも和らぎました。

二人で歩み続けると、鏡のように全てを映す結晶のあふれた場所へたどりつきます。

 

鏡に触れた時、様々な童話の世界へ導かれます。

そこで出会う王子様達をハッピーエンドに導くために、貴方は何ができる?

 

ネタバレ無しレビュー

性別も何もかも反転していて、あべこべな鏡の世界の童話の王子様を幸せにするためにヒロインちゃんこと「有栖百合花」が奮闘するお話です。

 

攻略キャラクターと主人公が様々な出来事を共有し、心を重ねることで芽生える恋愛模様を描く、一般的な”乙女ゲーム”とは一線を画した作品です。

でもちゃんと恋心や愛情は描いているのでご安心ください。描きたい本質(いわゆる真相ルート的な)のためにキャラクター達を犠牲にするような作品ではありません。

「この状況をどう打開するんだよ…」という問題に何度もぶち当たるわけですが、最後はちゃんとハッピーエンドになるので凄いです。

 

ヒロインが一番最初に迷い込む暗闇の世界で出会う少年”アリス”との卑屈で遠回りな禅問答があるのですが、理屈をこねくり回すだけの作品じゃないので…!それだけは強く伝えたいです。

世の中にはキャラクターが哲学や科学や思想をそれらしく語り、内容は追いつかない作品もあるわけですが、この作品に限ってはそういうわけではありません。

キャラクター達がどうして卑屈なことを話すのか。それは全てお話の中で語られます。

 

確かに乙女ゲームでは珍しい語り口でお話は進むのですが、「ライトノベル」や「男性向けのギャルゲーム」では良くとられる手法で珍しくもないので、そちらに慣れていらっしゃる方には拍子抜けするかもしれません。かくいう私も散々脅されてプレイしたので衝撃はありませんでしたし、素直に受け入れられました。

 

何より、どの攻略キャラクターも魅力的です。

彼らは様々な問題を抱えているわけですが、ヒロインと出会うことで向き合うことになります。

その解決も一筋縄でいかず、何度もBadedを迎えるわけですが、ちゃんとハッピーエンドは用意されているのです。

ぜひ全員攻略してあげてください。きっとお話の最後に王子様を救けてよかったなと思えるはずなので。

 

またキャラクター達の問題が重い!笑

目を背けたくなるような問題ばかりです。

プレイヤーのメンタルもヤラれます。私はウッとなるようなお話がとても多かった。

しかもその解決方法も荒療治も荒療治です。

 

何かを話そうと思えば、この作品の魅力を損ねるのでは?と話しにくくなるという…笑

シンデレラが一番乙女ゲームらしい展開を踏むわけですが、そのシンデレラルートも中々過酷なので、プレイ中は「一体このゲームはどこに進むんだ…」と恐々としていました。笑

 

私的には、こんなにも挑戦的な作品に出会えたことがとてもうれしいです。

同じく藤文さんが関わったゲームである『死神と少女』の時も思いましたが、女性向けのゲームからこういった題材を丁寧に描いた作品が出てきたことに意味があるかと…。

ほぼライター買いで本作品を購入した私にとって、とても満足がいくお話でした。

 

是非「この世界のネタバレを知ってしまった…!」という方も”ネタバレ”だけが重要な作品ではないのでプレイしてみてください。

プレイ後はプレイしてよかった…と思えるはずなので…。

 

 

以下はネタバレ有りの感想です!

未プレイの方は見ないほうが絶対お話を楽しめるので見ないでね。

 

 

 

大正×対称アリス all in one - PS Vita

大正×対称アリス all in one - PS Vita

 

 

続きを読む

『黒蝶のサイケデリカ』感想【ネタバレ有and無】

こんにちは、ぽぽたんです。

 

念願だった黒蝶のサイケデリカをプレイしたので感想です。

全シナリオ読破&トロフィーコンプリートしました。

 

一言感想を言うなら…私にはハマらなかった…\(^o^)/

ネタバレ無しのレビューとネタバレ有りの感想の両方を書きますね。

 

 

黒蝶のサイケデリカ - PS Vita

黒蝶のサイケデリカ - PS Vita

 

 

 

以前書いた記事をこのブログへ移動しました。

2016年6月あたりの記事です。

 

f:id:icomog:20161209015556j:plain

黒蝶のサイケデリカ

 

 

あらすじ

奇妙な洋館に迷い込んだ主人公は、何故ここにいるのかということや自分の名前すら思い出せなかった。

途方に暮れた時、禍々しい怪物が突如として現れた。

必死でその場を離れた主人公だったが、道中で二連ボクロの青年と出会う。

彼もどうやら同じくして記憶を無くしたらしい。

洋館で続々と知り合う記憶を無くした仲間たち。

彼らと生きてこの洋館を脱出することはできるのだろうか。

 

シナリオ:★★★☆☆

キャラクター:★★★★☆

システム:★★★★☆(選択肢までスキップがあると周回が楽になるなあと)

プレイ時間:15時間~20時間程度

ゲームジャンル:密室、謎の洋館、記憶喪失、切ない

 

 

ネタバレ無しレビュー

同年代の記憶喪失した青少年が密室に閉じ込められる。何か起こるに違いない、ドキドキ。としながらプレイしました。

彼らは皆それぞれ痛みを抱えており、失った記憶を取り戻した時に自分と向き合わねばならなくなるのですが…。

 

黒蝶のサイケデリカといえば、シナリオの完成度が高い。とりわけ真相は涙なくしてみれない。という感想をよく耳にします。

シナリオは整合性もあり、謎の張り方や回収も上手く、状況は二転三転してプレイヤーは常にハラハラしながら作品を見守ることになります。

そして迎えたベストエンドや攻略キャラクターとの良いエンディングは満足感もひとしおです。

普通に面白いです。

乙女ゲームに必要な恋愛要素が少ない等々ありますが、物語としては綺麗に纏まっていると思います。

 

そうなんです、綺麗にまとまりすぎて思考が滑るというか、私にはプレイ後の余韻がなかったのです…。

もちろん緋影を最後に攻略しましたが、感動が留まることがありませんでした。

期待しすぎていた部分があるのかもしれません。

 

キャラクターも一人一人はとても魅力的で良い奴なのですが、ヒロインや他のキャラクターと組み合わさることで得られる相乗効果はなく、むしろ悪いところが目立ってしまうような描写が印象に残っています。

密室に閉じ込められるという極限状態なら仕方ないとはいえ、そこに引っかかりを感じてしまいました。

確かにキャラクター達がわいわいしている作品が好きですが、シリアス路線ならそれなりに友情や思慕等の気持ちを抱いているのなら”信頼”という形でハッキリ表現してほしかった。

そういった違和感が作品に没入できなかった理由かもしれません。

 

世の中のレビューの中でもかなり辛口めに描いてしまいました(´・ω・`)

ですが良作には変わりありません。オトメイトからこういった作品が出てくることに意味があると思います。

私のレビューは一つの意見程度にとどめてください。

みなさんのご購入のきっかけ作りになれれば幸いです。

 

 

 

黒蝶のサイケデリカ - PS Vita

黒蝶のサイケデリカ - PS Vita

 

 

以下はネタバレを含んだ感想です。

↓↓↓

続きを読む