ぽぽたんのうつハック

ぽぽたんは飼い猫のあだ名です。
















『剣が君 for V』レビュー! ネタバレ無し&有り

こんにちは、乙女ゲーム大好きぽぽたんです。

ようやく名作と名高いPCゲーム『剣が君』の移植作品である『剣が君 for V』をトロコンできましたので感想です。

一言感想を述べるなら、「歴史乙女ゲームの名作!驚くぐらい面白かった!…ただ歴史ものに興味のない人はどうだろう?」という感じです。

 

いやー、なぜプレイを避けていたのか?というぐらい面白かったのでご購入の参考にしてくださいますと幸いです。

 ちなみに私は悲恋ものと耳にしていたのでなんとなく手が伸びなかったのですが(あまり得意ではないため)悲恋要素もあるにはあるけれど基本愛の力で打ち勝つハッピー世界だたので安心してプレイしてくださいね。

 

f:id:icomog:20170910154811j:plain

剣が君 for V

 

 

【ネタバレ無し】レビュー

簡単な作品紹介

舞台は徳川幕府三代目将軍が治めるお江戸の町。

主人公は偽のお姫様として花嫁行列へ参加することになる。

駿河国(現在の静岡県)までの道中、偽の姫を守るのは素性の知れない6人の浪人たち。

江戸幕府の思惑に揺さぶられつつ、そして浪人達の持つ数奇な運命に巻き込まれて、主人公の平穏な日常は変わりはじめていく。

 

プレイステーションVita専用ソフト

『剣が君』(けんがきみ)

総プレイ時間:35時間(1人√あたり5~6時間)

攻略キャラクター数:6人

 

簡単なレビュー

 乙女ゲームが好きならこれはやっとけ!と真っ先に挙がるソフトの1つである『剣が君』。

プレイした後こそしみじみと伝えたくなります。

「乙女ゲームが好きならこれはやっとけ」。「やっとけ」本当に。

 

 

まず原画を書いていらっしゃる詠さんのイラストがかっこいいのにフェチエロティック

 

f:id:icomog:20170910170858p:plain

剣が君 for V

このイラストはヒロインが攻略キャラの口元についている米粒をとってあげるというシーンなのですが、

わざわざ指が唇に触れているところ、こだわりありすぎないか?

 

f:id:icomog:20170910171157p:plain

ほら、指の先や腹が少しだけ触れているところなど、なんというかフェチズムをかんじませんか?

 

またこのイラストをご覧ください。

f:id:icomog:20170910180451p:plain

剣が君 for V

攻略キャラが主人公を押し倒してしまい、アッ…////なシーンなんですけれどこちらもフェチがプンプンします。

 よくよくみてみると、キャラが主人公の頭を下から覆っているのですよ。

つまり肘から下を主人公の背に通し、手のひらで頭を支えているのですよね。

 ただの床ドンじゃないのです。

f:id:icomog:20170910181018p:plain

うーん、フェチ。こだわりを感じさせます。

公式に公開されていないどのスチルも気迫というかこだわりを感じさせるものばかりなので、是非とも美麗イラストでゲームをお楽しみください。

 

 

良作ゲームの特徴として、「人間関係がギクシャクしていない」・「サブキャラクターが良い」があげられると思いますが本作はそれが当てはまります。

まず攻略キャラクター6人同士の仲が良い。

最初こそギスギスしていますが、個別√に入るころになれば仲間のために一肌脱いでくれるような気の良い奴らばかりです。

人間やはりゲームの中の世界とはいえ、攻略キャラ達の対立にあれこれ奔走し続けるのは精神力が削がれます。そればかりにシナリオがさかれるのも本末転倒です。

攻略キャラと主人公のために、仲間たちが頑張ってくれる姿というのも感慨深くて好きです。別の世界線では主人公とくっついているのは自分というのがもどかしくもある。

 

サブキャラも本当に良くてですね~、どの人も好きです。

主人公と攻略キャラ達の助けとなったり、対立したり、物語の登場人物としてしっかり活躍してくれるので”そなえ物”感はありません。

個人的には松平辰影がぐっと来ました。

f:id:icomog:20170910165140p:plain

ホームドラマ江戸城で大活躍してくれる人なのですが、√によっては善にも悪にもなります。

でも辰影はただ真面目に仕事をしているだけなんですよね。ただデレ方を知らないツンなだけなんですよね。

そういうキャラ達の良いとも悪いとも言い切れない二面性をさらっと描いているので、物語に深みが増すのかと思います。

 

 

舞台は江戸時代初期で、公式サイトには小難しい作中用語が並んでいて、「初心者にはとっつきにくそう」な印象を与えますが、大丈夫だ問題ない。

この小難しい用語も江戸時代の雰囲気も、プレイ総35時間をフルに使って説明してくれるため脳みそが溶けて理解力が大幅にない私にも大丈夫でした。

 

私は作品の導入に世界観や用語説明をぶっこむ系ゲームはだいたい肌に合わないのですが、本作は違った

最初の10分前後は我慢してプレイしてみてください。そのときは理解せずとも、ふ~んと右から左で聞き流しても、ちゃーんと後から説明してくれます。

親切シナリオ…。ありがたい…。

 

シナリオも「切ない系」とか「悲恋」とか「バッドエンドが美味しい」などをよく耳にしますが、嬉しい楽しい大好きなハッピーハートフル世界に近かったです。

もちろん2人がくっつくまで、そして恋人に近い状態になっても、苦難は絶えずやってくるので「う~ん切ない」とはなるのでそういう作品が好きな方の欲望を満たしてくれると思います。

そしてバッドエンドは切ない…と涙がこぼれてしまうような感じで…。

最も良いハッピーエンドは「そして二人はいつまでも幸せに暮らしましたとさ」とアフレコを入れたくなるぐらい良い雰囲気にまとまるので安心してください。

ちなみにエンディングは4つあり、ハッピーエンド2つ・バッドエンド2つという感覚で大丈夫だと思います。

 

シナリオも確かにキツイ瞬間というのもあることにはあるのですが、しんどすぎてゲームを投げてしまうようなことはなく、飴と鞭がしっかりしていました。

辛いシーンの次には必ずお互いの心を確かめるシーンが挿入される、それが私のようなまったり乙女ゲーマーの慰めになる。

 

た、ただですね、剣が君は恐ろしく硬派かつ健全な世界観なので、現代の乱れ切った乙女界隈の感覚での甘さは無いといってもさしつかえありません。

1人甘めだと評価されるキャラもいますが、別の作品で登場していたならば「もっとイチャイチャ描写を増やしてください(#^^)」となるレベル。

イチャラブ要素には期待しない方が良しです。

でも恋愛要素が無いというわけではありません!

もうね、お互い想いあっているのにくっつかない…くっついてもなかなか一緒にいられない…そんな2人の葛藤が手にとるようにプレイヤーへ伝わるので、とにかくもどかしい。

ただ攻略キャラクターは主人公のことを大切に想ってくれているので、キュン…とします。静かに萌えるタイプのゲーム。

 

 

また歴史ゲームは全くダメ!という層におすすめできないかもしれません。

どれだけシナリオが良くても着物を着ている時点でだめ、刀のうんちくにあれこれ話がさかれるのはちょっと…という方には無理をしてすすめません。

あと死ネタは完全に無理、推しが死ぬときは一緒に自分も墓に入るわという方にもおすすめしません。

 

だけどなあ!

逆に言えば、上記以外の方には全力でおすすめします。

 良質な歴史ゲームがしたい方なら、時代小説が好きな方なら、すんなり世界観になじめるかと思いました。

 

とにかく未プレイでシナリオが良い作品に触れたい方には、是非とも手に取ってほしいなと思わせる作品でした。

 

 

正直これだけ素晴らしいレビューが出そろった作品を記事に起こすべきか?と悩みましたが、良い作品だからこそレビューの数をささやかながらグーグル検索に1つ増やし、もっと人の目に触れるようになるべきか?と思い書いた次第です。

 

 おすすめの攻略順

九十九丸を最後にした方がよい、と教えていただいたのでそうしてみましたが、個人的な感想はどちらからでも良いかも?と思いました。

好きなキャラからでも良し、気になるキャラだからこそあとに回しても良し、三方良しな作品です。

ですがあえて言うなら、おすすめは下記のとおりです。

実彰→縁→鈴懸→左京→螢→九十九丸

世界が優しい順です。なんとなく後はしんどくなっていきます。

 

 

よろしければご参考頂けましたら幸いです。

下記からはネタバレをバンバンするタイプの感想です。

 

 

剣が君 for V 通常版 - PS Vita

剣が君 for V 通常版 - PS Vita

 

 

 

【ネタバレ有り】感想

余談

君√の第六章の章幕画像?が好きで全てスクショを取っていました。

f:id:icomog:20170910183259j:plain

(口がさりげなくωになっているのも良い)

恋の喜びを知った顔なので、どのキャラも凄くいろんな意味でグッ…とくるのですが。。。

ここで縁をご覧ください。

f:id:icomog:20170910183534j:plain

(日頃のおこないが悪い)

最初は「ええやん…」なのですが、だんだんと酔っ払いの表情に見えてきてなんだかキマリが悪くなってきました。

主人公ちゃんが縁が昼間から酔っ払ってもとやかく言わないのは、この表情が可愛くて好きなんだろうな…などとダメ男にハマった女の気持ちを慮っていました。

ちゃんとお酒を控えてほしいって怒りますけどね、母親のように怒りますけどね。

 

縁といえば、この用語解説も好きです。

f:id:icomog:20170910184224j:plain(ハートフル♡ホームドラマ江戸城)

『不如意になったときにだけ実家に戻るような男はどうかと思う。』という制作側の純粋な感想に笑いました。

縁は風来坊というか、本人が自暴自棄なのでしょーもない行いも多いのですが、縁の良さをちゃんと知っている人が周囲にたくさんいてよかったなあと思いました。

他のキャラは江戸に頼りもないキャラばかりですしね。

 

 

下記からはバンバンネタバレするタイプの感想です。

未プレイの方は是非ともご購入ください!良い作品です。

 

全体的な感想

いやー、どうして今までプレイしていなかったんだという面白さでした。

 『剣が君』の評判はもちろん耳にしていましたし、いつかやりたいなあと思ってはおりました。

ですがひっかっかっていたのは『悲恋』の二文字。悲恋を前面に押し出している作品ならかなりプレイをしていてしんどいわけです。

私は基本的に優しい世界が好きなので、悲恋ということはつまり、2人が恋もままならないような状況に追い込まれる世界で、2人の恋は祝福されないわけですね。

 

ですがプレイしてみてもう手のひら返しです。

面白かったです、寝る間を惜しんでゲームをしました。

 

丁寧に書かれたシナリオは、作品の完成度を各段にあげていますね。

どれだけシチュエーションが良くても、イラストが良くても、展開が雑だとなんだか手放しで褒められないわけですが、本作は一つ一つの展開をしっかり繋いでいるので作品に問題なく没入できました。

シナリオに関しては丁寧すぎるとしか言えません。世の乙女ゲーム全てがこれぐらい質の高い地文がかけるようになればいいのに…。

 

またどのキャラクター達も魅力的でしたね~~~~~~~!ヨカッタ~~~~~~!

良いゲームは全く自分の趣味ではないキャラも、しっかり魅せてくれるし、主人公が惚れるような良いところを描いてくれるし、ヨカッタ。

f:id:icomog:20170910195324j:plain

(急な兄弟プレイで笑いました。そして将軍様へでもため口の鈴懸、さすがの高尾の男)

家光、良い味が出ていましたね。

徳川忠長を失脚させ自死へ追い込んだ存在として、最初の内はその優雅な姿にも裏があるのでは?と恐恐としていましたが、それこそ辰影と同じで、彼の最良の選択であっただけなのですよね。

近寄れば情の深い男、遠目からみれば無情な施政者。

こういう多様な側面をそれとな~くみせるのが、キャラクターをより魅力的に演出できるんだなあ。後はヤンキーが雨の日に猫を拾う的なやつですね。

 

 

また本作のMVPは主人公父こと香夜パパ!

娘を奉公へ出すこともなく、商いもそれなりに頑張り、男手一つであんなに健気な娘を育てた。

しかも素性も知れない浪人どもに手塩にかけた娘を託す…

身元保証人もいない、家もない、定職もない合コンへ行ったらヒモ予備軍認定されそうな攻略キャラ達を、香夜パパは人柄のみで判断する…

奇魂エンドの九十九丸ですらちゃんと面倒をみているので、懐の深さが尋常じゃない。

f:id:icomog:20170910201130j:plain

(香夜パパ、左京が大好きすぎる問題)

でもそんな人間のできた香夜パパにもお気に入り度が違う…!ということで独断と偏見に満ちた婿ランキングは下記のとおりです!

  1. 左京(作中で最もべた褒めされている)
  2. 実彰(婿養子入りした後は鼻高々の存在である)
  3. 九十九丸(春以降もいてくれたらなあ…とのコメント)
  4. 縁(あんな酔っ払いでも、部屋が空いているから一緒に住んだらいいという香夜パパよ…)
  5. 鈴懸(褒める言葉はないが、あの鈴懸の人柄なのできっと認めているんだろうなあ)
  6. 螢(最初はべた褒めだが、後半は仕方ない。しかし手紙の仲介役になるエピソードはええなあ)

 この父あっての主人公。

攻略キャラ達は好いた女を育てた聖母ならぬ聖父を崇めるんだよ。

 

と、まあ私の感想を読んで下さる方にはすでに感ずいていらっしゃるかと思いますが、作品としての完成度が高いので、何をいまさら話せば…という状態なのも事実。

面白かったから未プレイの人は是非やって!という感想以外、書けないのです。

伏線もちゃんと回収し、気になるような世界設定も全て説明されている。うーん、よくできている。

上から目線になってしまって大変申し訳ないのですが、こういう境地に至るような乙女ゲームがたくさんプレイしたいですね。

 

 

攻略キャラ個別感想

 九十九丸

f:id:icomog:20170910205629j:plain

 

最初に謝らせてください。

f:id:icomog:20170910210244j:plain

(だってこの顔だし…)

天海さん、黒幕だと思っていました。大変申し訳ありませんでした。

普通の良いおじちゃん?で心底驚きました。九十九丸やヒロインに助言をくださりありがとうございました。

 

九十九丸はなんとも不思議な雰囲気があり、彼を一言で表現するのは難しいですね。

感想を書いているいま、かなり考えあぐねています(笑)本作では実彰につづいて好きなキャラなのに…。

 

路銀を使い果たして倒れたと思ったら、お店でバッチリ接客ができたり、ちょこちょこ女性慣れしていない描写があるとおもえば、きっちり主人公をからかったり…。

かなり落ち着いた声なのに九十九丸はかなり女性的な?かわいらしい顔をしているなあという印象だったのですが、そりゃあ大きくなるもんな!九十九丸は普通のイケメンで痺れました。

 

そんな九十九丸、バッドエンドは中々力強くてかなり痺れました。

奇魂EDなんてかなり後味悪いし、香夜パパ可哀想でなんともいえない気持ちになりました。

他のキャラの荒魂・奇魂EDは、割と萌える余地があるといいますか、なんだかんだ切なさに身もだえする余裕はあるのですが、九十九丸は悲運不運のバーゲンセールで「堕ちるとこまで堕ちたな…」感がありこれぞバッドエンドでした。

和魂EDもガッツリバッドエンド…と思わせておいて、実はあれはあれでハッピーエンドなのでしょうか。螢の和魂EDはそこまでは後味悪くなかったぞ!

 

また、幸魂ED、最高でしたね。

私の乙女ゲツボの1つが、ヒロインと攻略キャラが二人きりで飲食店を切り盛りする、地域密着型のお店なら倍率ドンなのですが、も~~~~~~~ドツボでした。

美味しいごはんがあって、懇意な客たちの笑顔あふれて、足りないところは2人であれこれ工夫しあって、満ち足りた幸せにつつまれた世界…。ハッピーエンドだからこそたどり着ける楽園…。

2人仲良く永遠に暮らしてくれ~黄泉へ行っても一緒に極楽浄土へ行って;;;

 

 九十九丸はかなり人当たりが良いので、旅の途中もずっと主人公のことを気にかけてくれているのが凄く嬉しかったです。

わかりやすい好意は人を救うんやで…。

f:id:icomog:20170912222602j:plain

(日本人が大好きな「月がきれいですね」奴~~~~~~)

 そういえば九十九丸の着流し姿がとても好きなのですが、数シーンでしか使用されなかったのがもったいなかった!

この若旦那感たまらないし、主人公と並ぶと新婚夫婦特有のいやらしさ初々しさがあってたまら~~ん。着流しはエッチロマン。

師匠もフェロモンむんむんでしたが着流しでしたしな。

 

そして声優の小野友樹さん、こんなに味わいのある不思議な声が出せるのですね。凄い。

人当たりも良く、親しみやすいはずなのにどこか変わった雰囲気の男性。

それこそ九十九丸なわけで、そんな九十九丸を的確に演じていらっしゃって凄い。

大きくなった大九十九丸とは演じ方が異なるのでいやー、一瞬でファンになりました。

 

九十九丸は本当に線香の香りが似合いそうな(笑)、不思議な男性ですね。

好きなんだけれど、良いところをうまく伝えられないのがもどかしい~

 

 

・螢

f:id:icomog:20170917192631j:plain

乙女ゲームにおける最初にヒロインへ冷たくあたるキャラの√はかなり糖度が高いを常々感じるのですが、螢もそんな感じでしたね~!

他作品と比べると児童書かよという健全さでしたが、なかなか甘酸っぱいエピソードが多くてニコニコしながらプレイできました。

 

螢、キャラデザをされている先生の趣味が如実に出ている良いキャラでしたね。

色黒+色素の薄い髪色+角の位置+太めの眉+肩の露出+からの脇。

f:id:icomog:20170917193241j:plain(この脇からはエッチなロマンを感じる)

 

螢の√がプレイヤーとしてある意味一番揺さぶられました。

私の乙女ゲーム地雷が三角関係なのですが、可愛くて気立てもよくておっぱいも大きい幼馴染の女の子が登場したときにはもう「ここから江戸が修羅の国になるのか…」と死にそうでしたが、そんなことにならなくてよかったです。

ありがとう…ありがとう…相手の女の子が当て馬になるのも苦手なので…

螢の√は親族が多く出てくるので、縁√とはまた違った正統なアットホーム感があってよかった。

おばあちゃんから刺繍を習うシチュエーションの破壊力凄いですからね、嫁入りして数か月経った新妻かよと震えあがります。

 

螢の√の奇ENDヨカッタですね。

周囲の仲間たちに支えられる2人というシチュエーションが大好きなので、心が温まる素敵な終わり方でした。食べ物に例えるならビーフシチュー。

きっと困難は山積みでしょうが、2人一緒なら大丈夫、乗り越えられるよという安心感があるので良いものです。離れようとする実彰とは大違いだわ。

 

和ENDはなかなかしんどい話でしたが、前述している香夜パパが文通を手助けするエピソードが好きなのでチャラにしたいです。

後日談の内容になってはしまいますが、お互いの存在以外なにも持たない2人があばら屋で寄り添うシチュエーションのかたまりなのでチャラにしたいです(二度目)。

f:id:icomog:20170917195831j:plain

(この旅装束がほーんと好き)

螢はまだ若くどうしても自分の方向へ意識が向いてしまうので気難しく見えたりぶっきらぼうになってしまうのですが、きっと経験を積んで歳をとれば穏やかで面白おじさんになるのだろうなあ。金四朗のような…。

 

・黒羽実彰

f:id:icomog:20170917202614j:plain

旅の道中ではしっかりしているまとめ役な雰囲気を漂わせているのですが、個別ルートでは「意外と抜けているところもあるのだな」可愛さを感じ、他キャラのルートだと「なごみ枠かよ…」可愛さを感じ、結論・本作随一のキャラ実彰。

 

実彰が隠れキリシタンであることを知った時こそ、おいおい大塩平八郎かよと反体制側に回るルートか?とヒヤヒヤしましたがそんなことなくてよかったです。

 

実彰は意外と自分の感情に鈍感なところが味わい深くて好きです。

最初は主人公へ祈りの言葉を教えることすら嫌がった実彰が、父の残した本である聖書(おそらく)を読み聞かせてあげるあたりのお話が好きです。

「前は巻き込みたくなかったが、今はわたしのことをあなたに知ってほしいと思っている」という言葉がすらすら出てくる実彰…なごみ系か?

実彰は存在が希薄というか現実味のない浮いた存在のようにみえますが、意外と地に足をつけた人間臭い奴で好きですね。良い。

 

f:id:icomog:20170917205733j:plain

(まだ付き合ってすらいないのに子どもの話をする実彰…家族に憧れているんだろうと涙出るはずなのに生き急いでいるなあとちょっと笑ってしまった)

 

 二度目になりますが、乙女ゲームにおけるドツボの1つが2人で飲食店をきりもりすることなのですが、いや~~~~~~~~~~和魂END本当に良かった。

人を殺す剣を握ることを辞めた実彰がたどり着いたのは、人が生きるために必要な食事を多くの人に振る舞うこと。

実彰自身も話してはいましたが、これだけ所帯じみた生き方をできるとは…と本人もプレイヤーも驚きました。夢かと思った。

ありがとう公式。 

 

幸魂ENDは信仰に生きることが許される終わり方なので、実彰自身にとって生きやすい結末だなあと思いました。

母が処刑される原因となった信仰なのに、実彰は捨てることができなかった。神というか”祈る”という儀式は彼の生活の一部になっていたから…。

乙女ゲーマーが息をするように推し語りをするのと一緒なんだよなあ。やめられないんだよなあ。

たどり着いた場所が彼らにとって終の棲家であり、安息の地であり続けることを願うばかりです。

長崎の五島なのかな。

 

実彰、個別ルートを終えた時も満足感が高かったのですが、ほかのキャラのルートでもちょこちょこ活躍してくれるので大満足でした。

 

・縁

f:id:icomog:20170917200012j:plain

旅の道中では「頼りにならなさそうにみえて、意外としっかりしている」というキャラでしたが個別ルートに入った途端、「頼りなくみえて、その通りまったく頼りにならないとかいう年上キャラとは思えない失態に継ぐ失態に凄く笑いました。

昼間からお酒飲んでへべれけになるのことは、江戸どころか新宿ゴールデン街でも許されんぞ。

 

縁の救われるところは家族揃って縁へ甘いところで、どのルートでも縁は帰りたくないはずの場所にいる人々に助けられていました。

まさしくホームドラマ江戸城。

次期将軍候補が昼間から酒を飲んで城下を歩くことも、暴れん坊将軍のように身分を隠した正義の味方になることも、主人公と東北で農業をすることすらも許す家光よ…身内に甘すぎないか…

 

人には適材適所というものがあり、縁のいたい場所は御簾の向こうの将軍の座ではなかったわけですが、幸魂ENDの生き生きとした縁は本当によかったです。

f:id:icomog:20170917201012j:plain

(新婚は良い)

縁√は主人公がしっかりやさんで、カカア天下大好きマンとしては中々よかったです。

東北へ香夜パパを連れていくのもとてもよい…家族付き合いしっかりしているのは良い…。

 

剣√は縁が自分を捨て、ただ江戸のために生きるお話しなので、今まで縁を守っていた人たちにも切ない話だなと。

どうしても信念に生きると悲しい結末が多くなってしまうのは、自分をかえりみないことで周囲をも不幸にしてしまう悲しい連鎖がおきてしまうからだろうなあ。

でも奇魂ENDは特殊シチュエーションで好きな人は好きだよなあ!?と震えました。携帯小説が流行っていた時代に青春を過ごしたので、ああいう話はだいたい好きです。

 

荒魂ENDの後日談も、辰影さま…となりましたので良いです。きっと主人公と辰影の運命が交わることはないけれど、その淡い感じがぐっ…ときたことだけは報告致します。

遙かなる時空の中で3に登場するサブキャラ・藤原泰衡は15年後に攻略キャラクターへランクアップしましたので…もしものもしもがあれば是非とももしもしてほしいですね。

 

f:id:icomog:20170917213959j:plain

(左京ルートのシーンですが、こんなんでも許される縁はすごいわ)

 

縁のことを罵倒しかしていないようにみえるこの感想ですが、笑った顔が可愛いのでダメ男にハマる主人公の気持ちがよくわかりました。

いや縁好きですよ、生真面目すぎてああなってしまったんだろうなあというのがよくわかる…。真面目なキャラは大体好きです。

 

・鷺原左京

f:id:icomog:20170917211132j:plain

こいつは絶対ヤバい奴だと共通ルートをプレイした人は必ず思うだろう…。

実際には意外と向こう見ずで考えるより動いてみるという若さを感じるようなところもあれば、学があって子ども好きという一面も垣間見える良い子でしたね。

 

左京の向こう見ずエピソードで好きなのが、腕を負傷したときに焼酎を吹きかけて裁縫針で縫うというジャッキーチェンの世界で生きているようなことをしだしたときですね。

つば入りの焼酎は膿んで大変なことになるぞと心配していたら案の定鈴懸大先生にお世話になることになってしまうので、左京って意外と理性的ではないなとしみじみしました。

彼に考える時間的余裕があれば(正確に言えば、復讐を一刻も早く遂げたいという気持ちがなければ)もっとまともな対応したと思うんですよね、鈴懸に頼るとか…(笑)

まあ彼には精神的余裕もないので、鈴懸に頼ることすら嫌がるわけですね。。。

 

年端もいかない雅な少年に背負わされた悲運は、やがて少年自身を狂わせていく…な左京ルートなわけですが剣ルートは悲しかった。

可愛がっていた矢ノ彦を傷つけてしまう、お互いにとってなんて悲しいことだろうか。

悲魂の後日談で、つかの間の夢の中に健在である家族の存在が出てくるところなどただただ辛いですね。あのエンディングの主人公は聖母かよというぐらい左京を包み込んでいるので愛の力ってすごいな~となりました。

 

他のルートもそうなのですが、君ルートは剣やこれまでの信念を捨てるお話なわけで、復讐に狂わされていた左京がようやく人として生きていけるのはもちろん嬉しいわけで、同時に斬鉄を殺さなければ左京の心や心を救うことができないというのはこれまで左京がどれほど復讐に心血を注いだのかというのがわかることなので、なんというか悲しい人生だな左京…幸せになってね…。

 

そして和魂END。

乙女ゲームで参勤交代という単語を初めてみました。

一国の王子さまである左京に嫁ぐとはつまり…という現実を突きつけられてちょっと笑ってしまいましたが、かなり切ないわ。

f:id:icomog:20170917213129j:plain

(ちゃんと嫁入り道具の羽子板を持っているのが切ない)

子どもの姿もみれて美味しい後日談でした。ただ香夜パパに会うことは難しくなるのかな、身分差的な意味で…。

 

幸魂は寺子屋の先生と新妻になるので、凄いフェチみを感じます。

学校の先生の奥さん、なんというか不思議な魅力のあるフレーズです。

美味しい。これ以上の感想はいらない。

 

 

・鈴懸

f:id:icomog:20170917214811j:plain

プロローグでは他のキャラは何やら腹に抱えている人ばかりだなあという印象でしたが、鈴懸だけ人間と妖怪の暮らす優しい世界だったので、とても楽しみにしていたルートでした。

実際、最も安心してプレイできました。

鈴懸という人間の安定感は凄い。こんなに可愛いのにメンタル強すぎないか?

 

彼は目の前にある数々の命のために奔走していくわけですが、それだけで聖人君子感溢れる…これが山育ちの安定感…

可愛い系は急に大人の男になってしまうので、しばしば主人公やプレイヤーを戸惑わせるわけですが

f:id:icomog:20170917221520j:plain

この二人も戸惑ってるのには笑いました。マダラのアンニュイな表情もたまらんな。

2人と別れるエンディングはどれもなんだか一抹の寂しさが残り、より鈴懸という男の子を大人へと成長させるのだなと思いました。

ずっと一緒にいる幼馴染と別れ、故郷を離れ人の街に暮らし、好いた女と生きる。なんて鈴懸に似合わない単語なんだ。だがそれがいい、それでいい。

 

 

f:id:icomog:20170917221321j:plain

(可愛い系だからこそできる、ソフトな独占欲のみせかた)

九十九丸に嫉妬するくだりも鈴懸らしいな~となりながらも、それを「あらあらお邪魔でしたわねオホホ」とばかりに見守る九十九丸も良かったですね。

そして娘と付き合うなら私を打倒してからだ!というラスボス香夜パパと、毎日お団子づくりで親交を深め合うのも、鈴懸自身は緊張なんてせずなんとも思っていないんだろうなあというところが好きです。鈴懸好き。

剣技では鈴懸の無双状態が面白かったです。天狗の子つよい。

 

奇魂EDは剣取りを叶え家光の側近となるロマンあふれるものでしたが、2人和やかに暮らす…ということができないのは悲しいですね。

城勤めになるということはそういうことですよね、一町医者のほうが奥さん孝行できるという。鈴懸が成果をあげ武士になることができたら、2人はもうちょっと一緒にいられる理由ができる。

 

和魂EDの妖怪大戦争感も良いです。あのまま鈴懸は精悍な青年になるんだろう、というポテンシャルの高さをひしひしと感じました。鈴懸があと7つ歳をとれば、剣が君抱かれたいキャラナンバーワンの座を容易に射止めただろう…。

抱かれたいというか、主人公を抱いてほしいわ。それが我々の願い…祈り…。

 

幸魂EDは収まるところに収まった~Fin.~な完璧なまとまりかたでした。最高。

若夫婦の切り盛りする診療所という響きの素晴らしさ、たまらんですな。

鈴懸のみつけた人生の生き方は、きっと町医者になるとか妖怪と人間の橋渡しをするとかそういうものではなく、愛する人とともに暮らすことなのでしょうね。

彼に課された宿命は「多くの命を救うこと」でそれは人間も妖怪も1つの命として換算されているのだろうなあと思います。

宿命と生き方は異なるものなので、きっと主人公にとっても鈴懸にとっても良い意味を持てたらいいなと思いました。

 

思いのほか鈴懸の感想が真面目になってしまいました。

可愛い系の感想はなぜくだけて書けなくなるのか、歳をとったから母性が働くのか?

 

 

剣が君 百夜綴り 通常版  - PS Vita

剣が君 百夜綴り 通常版 - PS Vita

 

 

 

 

最後に

ここまで読んでくださりありがとうございました。

剣が君、本当に良いゲームでした。ファンディスクである「剣が君 百夜綴り」もバッチリ買ったのでプレイするのが楽しみです。

 

以上、面白い乙女ゲームをもっとプレイしたいぽぽたんでした。

ぽぽたん (@popotanhayume) | Twitter

『三国恋戦記 魁』レビュー ネタバレ無し&有り

こんにちは、乙女ゲーム大好きぽぽたんです。

みんな大好き「三国恋戦記~オトメの兵法~」の前の時代が遊べる作品こと、『三国恋戦記 魁』をクリアしましたので感想です!

感想を一言でいうならばう~切ない~でも面白い~、前作の感覚でプレイをするとやけどする~」です。

 

三国志を乙女ゲームにアレンジする高スキル今作も健在なので少し迷っている程度の前作スキーは記事を読まずに購入をおススメします。

でも「三国恋戦記 魁」だけで物語が成り立つので、前作をプレイしていない人も凄く楽しめるかと思います。この機会に『三国恋戦記』に触れてみてくださいね。

 

下記からはネタバレ無しのレビューです。

 

f:id:icomog:20170828094903p:plain

三国恋戦記 魁

 

 

【ネタバレ無し】レビュー

簡単な作品紹介

弓道部の部長である主人公は、ずっと友達だと思っていた男子生徒から図書室へ呼び出しを受けた。

きっとこの返答で2人の関係は変わってしまう。

でも今まで彼氏なんていなかったし、誰かに恋をしたこともない。

不思議な高揚感と一方で焦燥感を抱き待つと、ふとある本が目にとまった。

その本を開き、性格診断を受けると、主人公は「三国志」の世界に飛ばされてしまうのだった。

 

PCゲーム

「三国恋戦記 魁」(さんごくこいせんき さきがけ)

総プレイ時間 18時間程度(1人√あたり4~5時間)

攻略キャラ 総勢5名

 ちょっとした前置き

みなさんは「劉備」「曹操」「孫権」が活躍した戦乱の三国時代、三国志に馴染みはあるでしょうか。

ちなみに私は三国志に関して全くのNO知識で前作の「三国恋戦記~オトメの兵法!~」をプレイして、大層感銘を受け横山三国志を読んだ程度の人間です。

f:id:icomog:20170828101118p:plain

(みんな大好き「げぇっ関羽」)

 

もちろん三国志の知識があればあるほど「三国恋戦記」の完成度の高さに唸るプレイができるのですが、無くたって全く問題ないように作られております。

劉備は頼れる兄貴玄徳、曹操は切れ者だがつかみどころのない孟徳、孫権はカリスマで兄の代わりに国を率いる仲謀…等々、乙女ゲームとして親しみやすいようにアレンジされているのでなんの構えもなしにプレイできます。

 

…とまあ前作の前知識を挿入したのですが、本作『三国恋戦記 魁(以降、魁)』の凄いところは前作の知識が全くいらない。

もちろん前作のキャラも昔の姿として登場はしますが、あくまでサブキャラクター。

初めて恋戦記の世界に触れる方にこそ”ただのサブキャラクター”として感じる程度の、程よい存在感に調整されていると思います。

しかし孟徳が歴史へ与える影響は尋常じゃないのでそれなりに活躍はします。歴史と同じ。

 

前作の「三国恋戦記~オトメの兵法!~」が勝者である先の三英雄の物語なら、

本作「三国恋戦記 魁」は彼らに負けた敗者の物語であり、敗者の歴史です。

 

かなりの良作ですがかなりシリアスです!とても切ないです!驚くぞ!

 

キャラクター紹介

突然ですが、本作の攻略キャラクター達は歴史的にはだいたい嫌われ者なのでそのイカれた人物像を紹介します!

 

f:id:icomog:20170828103425p:plain

☆仲穎(ちゅうえい)(董卓)

・彼のせいで数百年続いた王朝はぶっ壊れる。土地は荒れ、民は飢え、暴力が支配する世紀末時代へ本格的に突入する。

酒池肉林に溺れ、愚昧な政治・愚昧な戦により天下も早々に終わる。

・創作では醜男に描かれることが多い。

 

 

f:id:icomog:20170828104125p:plain

☆呂奉先(りょ ほうせん)(呂布)

・みんな大好き呂布。三国志演技最強と名高い武人であるが、脳みそが筋肉でできていることでおなじみ。

・仲穎と親子のような関係であったが、2人が貂蝉という1人の女性を愛してしまったため血で血を洗う騒動に(演技より)。最終的に呂布は親殺しをしてしまう。

・様々な領主に仕えるもだいたい強い側に寝返ったため、裏切りの代名詞のような存在。

 

f:id:icomog:20170828104959p:plain

☆孫 伯符(そん はくふ)(孫策)

 ・本作唯一の平民に好かれている王様枠。短期間で勢力を大拡大したり投てきで武将を一撃死させたりゲームのキャラのようなチートさ勇猛さにより、人は彼を『小覇王』と呼んだ。

・とはいえ、性急な勢力拡大は恨みも買いやすく、袁家や曹操(孟徳)はとてもとても警戒していた。

・幼馴染の軍師・周瑜(公瑾)は伯符亡き後、後継者の孫権(仲謀)に仕え、あの赤壁の戦いや荊州の戦にて大活躍した。ちなみに孫権も周瑜も前作で攻略できる。

 

 

f:id:icomog:20170828111030p:plain

☆袁 本初(えん ほんしょ)(袁紹)

・名門袁家の御曹司。だが血筋を鼻にかけず謙虚でいる姿は多くの人の支持を集め、彼の元には優秀な人材が次々に表れた。

・だが袁紹(本初)は人を見る目がない&重大な決断を誤る星の元に生まれていた…!ついでに決断が遅く、後の祭りになることも多かった!!

・軍師のいうことを退けたせいで曹操(孟徳)に大敗したり、猜疑心のあまり忠臣・田豊(田将軍)を殺してしまったり、三国志においてつくづくかませ犬…なんというか三流の武将だった。

 

 

f:id:icomog:20170828113030p:plain

☆華陀(かだ)

・当時としては珍しく外科手術ができた名医。ちなみに麻酔をつかった手術法がようやく表に出てきたのが19世紀なので当時の外科手術ヤバさを感じてほしい。

・関羽(雲長)を手術したり、董卓(仲穎)と呂布(奉先)の決裂の原因となった貂蝉の整形手術をしたり、いろんな人間を治療した逸話がある。

・そして曹操(孟徳)のお抱え医者になったが、「母が死んで故郷に帰りたいのでお休みをください」とか「頭痛を治すには頭蓋骨を割って腫瘍をとらなくてはいけない」など言い武帝を怒らせ処刑されたという。さらにちなみに曹操(孟徳)は自分の頭痛を和らげてくれる唯一の医者であった華陀を殺してしまったことをかなり悔いている。前作の三国恋戦記の孟徳にもそのようなセリフがある。

 

まあどの人物もだいたい曹操こと孟徳のせいで死に追いやられるわけですね!

うーん、本当に孟徳は信用できませんね!ワッハッハ。

想像していたよりも登場人物紹介が長くなって申し訳ないのですが、下記は簡単なレビューです。

 

簡単なレビュー

 先ほども書きましたが前作が「勝者の歴史」ならば本作は「敗者の歴史」。

前作は全て攻略キャラクター達が勝ち戦をするために巡っていた世界なのですが、本作は運命に逆らえず負け戦になります。

主人公にも攻略キャラクター達にも過酷で熾烈な戦乱の世を生き抜く運命悲運を跳ね返す力もない。

ただただ悲しい運命の風に翻弄される…そこが前作との大きな違いとなります。

簡単に言えば悲恋ですね。

 

とはいえ、人は大切な人を守るためにどんな酷い宿命を背負っていても生き抜かなくてはならない。

運命の渦に巻き込まれ死んでしまう大切な彼が生きることを祈りながら、主人公は自分にできることを半ば諦めながらも探し続けます。

主人公、かなり健気で頑張り屋さんで好きです。

 

かなり作品の雰囲気は暗いです。

とはいえシナリオにメリハリがあるため、「暗すぎ…これ以上キツイ無理…」となることもなく一気にシナリオを読破できます。

あの夢中になって進めてしまうシナリオの良さも健在。何度も目がしらが熱くなりました。

そしてキュンキュンポイントもちゃんとあります。

甘めなキャラもいれば、せめて、せめてもっと一緒にいさせてあげて…と懇願してしまうほどもどかしいキャラもいるのでそれぞれかな。

 

前作に比べシナリオのボリュームはありませんが(そもそも前作が大ボリュームすぎる)その分圧縮したんだろうな…という名残を感じはしますが、よくよくまとまっています。

確かにもう少しシナリオを足してほしいとは思うのですが、それはこの作品が本当に良かったから。

良い作品だからこそもっと彼らを補完してほしいという気持ちが隠せません。

頼むから移植とかFDとかで話を足して~!お願い~!

 

ただ一つ、前作のような雰囲気を期待してプレイすると鈍器で殴られる程度にはシリアスなので気を付けてくださいね!

本当に面白いし萌えるけどね!そればかりは物語の性質上仕方ない!

 

 

正直、発表から間もなく出たので(延期したとはいえ、PCゲームではかなり早いスパンで出たと思う)心配していたのですが、完全に杞憂でした。

本当に面白かった。。。。

PC環境のある乙女ゲーマーにはかなりおススメしますし、PC環境のない乙女ゲーマーは今すぐDaisy2にVITA移植依頼メールを出すんだ!!!今すぐ!

 

 おすすめ攻略順

 華陀は他4人をクリアしないと攻略できません。

物語同士の結びつき薄いので、好きなキャラから攻略するのも良いかと思います。

ちなみに仲穎と奉先のどちらを先に攻略するかで両者の印象が変わるかと思います。

おすすめは↓の通り。

・仲穎→奉先→本初→伯符→華陀

・奉先→仲穎→本初→伯符→華陀

 

 

 

三国恋戦記 魁

三国恋戦記 魁

 

 

 

 

下記はネタバレ全開の感想です~。

 

 

 

【ネタバレ有り】感想

余談

せっかくなので余談から始めますが、良シナリオ乙女ゲームにおけるジンクスが本作にもありました。

f:id:icomog:20170828125923p:plain

仲穎シナリオにおいて、いい雰囲気(?)になるも奉先に邪魔された仲穎が「巫山に雨が降ろうものを」と呟いたが意味の分からなかった巴こと貂蝉、奉先に尋ねます。

f:id:icomog:20170828130425p:plain

無知で可憐な処女に、性の知識に関してあくまで淡々と解説する乙女ゲームは良シナリオのジンクス。

本作も例にもれず良シナリオだったなあ。

 

下記はバンバンネタバレしていくので、未プレイの人はアマゾンとか楽天とかアニメイトで買ってね!それか移植希望メールを公式に送ってね!

 

総合的な感想

かくいう私も前作がとても好きで、本作が発表された時はぶったまげましたが凄く楽しみにしていました。

攻略キャラクターがだいたい三国志における悪役ポジションだけど本当に大丈夫?とは思いながらも、まあ主人公がなんとか悲運を回避する系なのかな?と気楽に考えていたんですよね。

 

気楽に考えすぎでしたわ。

もうね、何度主人公の巴ちゃんは軍師じゃないんか!普通の女の子なんか!と思ったことか。

 

前作の主人公は「”たまたま”不思議な本に願えば策を授けてくれる(苦境を打開する未来を授けてくれる)こと」を知るのですが、本作の主人公は「未来を教えてくれる不思議な本」以上の存在ではないのです。

孔明のような超絶有能に拾ってもらえなかった子の1つの可能性を見続けることになります。

なので必然的に主人公は本の内容の行間を読むような対処しかできない。

つまり本の内容を、運命を書き換えるような対処はできないのです。

んんんんん~~~~~~~~~もどかしい~~~~~~~!!

 

エンディング曲の「運命の風」なんて、まさしくそれを反映した歌詞。

『風は運命を乗せて 私をかきみだしては~』とかハッピーエンドで流れる歌とは思えない…。でも良曲すぎる…。

 

フルコンをしたときはあまりの救いのなさに「悲しい…」と呟いてしまいました。

詳しくはキャラクター個別で書きたいと思うのですが、華陀以外は救いがない…わかりやすい救いがない…なわけで本当に驚愕しました。

  完全に悲恋ですわ。ありがとうございました。

 

ですがあまりシリアスすぎる話は得意ではない私でも、シナリオにメリハリがあったおかげでなんとかフルコンできてよかったです。

本当に三国恋戦記は史実(?)を乙女ゲームとして調理するのがうますぎる。

しかもそれが蛇足だったりキャラクターの魅力を損ねるものではなく、むしろ深みを持たせるような自然な挿入なのが凄い。

昨今いろんな偉人の擬人化ゲームが出ていますが、三国恋戦記は頭二つぐらい抜けてよくアレンジできていて本当にすごい。語彙が追い付かない。

 

夢中になってプレイしましたが、やはり良かったからこそのボリューム不足を感じました。

1つのルートで5時間程度というのは昨今の乙女ゲームでは平均的というかボリュームがある方なのですが、それでも…!もっと補完してほしかった…!とくに本初…!

本初・伯符・華陀あたりは「もっと描きたい部分があったんじゃないか?」と感じる点も多く、移植にあわせて追記されるといいですね。切実に望んでいる。

 

 

また本の謎がちょっとだけ明かされましたね、まさかそこにも触れられるんか!と驚きました。

f:id:icomog:20170828134657p:plain

f:id:icomog:20170828134623p:plain

華陀のルートで「『本は人間の製作であること』『時間を行き来できること』『本の持つ力のこと』」に触れられます。

つまるところ、三国志という大きな盤上に駒となり物語を動かす”娯楽”として本が存在していると推測できます。まあ華陀の時代ですら”都市伝説”としか本の存在を語られていないので難しいですが…。

本の持つ力について、逆説的になりますが本の持つ力を最大限に使ったのが前作の主人公だとするならば、この物語を劇的にドラマティックにする選択を強く・具体的に望むと本が叶えてくれる…のかもしれませんね。

戦に勝つ策がほしい、華陀さんにもう一度会いたい・もう一度やりなおしたい…等々。

f:id:icomog:20170828135504p:plain

また本初ルートで、「人形(駒)は十数個あること、もしくはそれ以上あること」がわかります。

恋戦記では出てはいるが攻略できない蘆植は劉備(玄徳)のお師匠様だったりするので、彼の人形があったりする可能性もあるわけです。つまり攻略できるようになる。

また水滸伝や二国時代やそれこそ日本の戦国時代を舞台にした本もあるかもしれません。世界がさらに広がる。

うーん、深まる恋戦記の謎。

 

 

長くなってしまいました。

下記からはキャラクターの個別感想です。

 

 キャラクター別感想

仲穎

ビジュアルだけなら好きなタイプのキャラだったので大層楽しみにしていました。

いや~、好きな人はドはまりするタイプのシナリオでしたね。私も大好きです。

 

歴史には女の影がつきもの、悪政者には国を腐らせる美女がつきもの、三国志武将の失脚の原因はだいたい女なわけですが(偏見)、この作品はキャラクターと主人公の距離が近づこうものなら外野から「女の色香に惑うたか!」と叱咤されるので面白いです。

こんなに口酸っぱく「女の色」なんて注意してくれる作品も少なかろう。

 

仲穎にとって貂蝉(と奉先)は唯一無二であり、この世の光そのものだった。

完全に自分のものにしてしまった仲穎ルートではわかりにくいですが、奉先ルートでの二人の恋仲を知っていながらも巴を呼び寄せてしまったお話で、彼の弱さ・生き汚なさを感じながらも、奉先を思うと手が出せないという優しさなんかも仲穎という人物の人間臭さを感じて凄く良いなあと。全く自分の想いを喋ってくれないからわかりにくいけど。

自分の行動の矛盾に感じながらも、苦しみから逃れることを望まずにはいられない。

きっと貂蝉(と奉先)は「さっさと漢王朝滅ぼして死ぬンゴ…」と全てを諦めきっていた仲穎の救い…というより慰めそのものだっただろうなあ。

 

f:id:icomog:20170828154120p:plain

(お前は俺の運命という男にはだいたい振り回されるから気を付けろ)

 

話は少々ずれてしまうのですが、絵に描いたような悪政者の末路をたどっていましたね。

今からするたとえ話で苦手な方がいらっしゃいましたら大変申し訳ないので薄色にします。

かのヒトラーには愛人がおり最期まで彼女とともに時間を過ごしたといわれています。

悪化する戦況の中、首都の地下壕に指令本部を移したヒトラー。避難しろと指示した愛人は彼の元に戻り、最期まで共にいる覚悟を伝えました。

愛人は自室に戻った失意の彼を支え、慰めていたそうです。

まもなく敗戦国の長となることを感じた彼は彼女とともに自死する道を選び、彼女も彼に続いて拳銃自殺をはかりました。

彼は彼女にとっては愛する一人の男で、その男は世間的には単なる独裁者であった。というだけのことだったんだろうなあと。

 

仲穎ルートをプレイしているとそのことが頭をよぎって仕方なかったです。

どんな悪政者でも愛した女がいて、その女は世間では情婦と下げずまれながらも男を愛し続けた。

そして歴史的にはだいたい諸共殺されます。

そういう歴史の語れない余白を描こうとした仲穎シナリオ、好き。

また二人がどんどんお互いの存在に溺れていき、2人の世界以外の描写が無くなりはじめたときには「ホンマに世界の終末を描いているようだ…」となんだか感慨深かったです。

死によって2人が別たれる未来という絶望が近づいていても、穏やかな日常を繰り返すことしかできない無力な2人。

この無力さこそ「三国恋戦記 魁」たるシナリオでしたね。。

 

いやー、魁で一番印象に残っているお話が仲穎ルートの女官の処罰を決めるシーンです。

兄皇帝を逃がした罪を問われる女官、主人公は既知である彼女を助けたいがせっかく仲穎に気に入れられ怪しまれることのなくなった立場故、なかなか口を出せない。

そうこうしているうちに、彼女は死刑となってしまう。

何も言い出せなかった主人公へむけて、女官はそっと微笑んだ。「これでいいのだ」と言うかのように。

そこで主人公は「自分はなんてことをしてしまったのだ」と激しく後悔するのですね。

もうね、人間の強さと弱さと無償の愛が詰め込まれたようなエピソード。凄い。

普通に目頭が熱くなりました。

この後の仲穎と貂蝉の話も好き…、愛した女が離れるのを極端に恐れる弱い男好き、、、ベッドインしてしまうけど、、、

 

仲穎ルートで一つ不満点があるとすればエンディング。

いやー、仲穎は「あの深い恨みに光る瞳を、殺してきた人々を忘れてはならない」と剣との対決を避ける提案を固辞したからこそ!忘れちゃいけないでしょ!

まあこれから徐々に悪夢をみるように思い出し、罪を背負うのかもしれませんが…。

でも仲穎が本質的に救われるには忘れるしかないもんなあ。難しい。

 

しかし庭の池でのシーンで「私の瞳だけみていればいいいんです!」というシーンとか本当に良かった。バッドエンドの「それは私の名前じゃない」というのも背筋がぞっとした。一番二人だけの世界が描かれていた分、濃密だった…。

 

 奉先

 先に仲穎のルートをプレイしたので、主人公が貂蝉ポジションだと知ったときはオイオイオイオイとなったのですがいやー、三国恋戦記は本当にすごい。奉先の魅力を損ねることはありませんでした。

 

f:id:icomog:20170828162955p:plain

(副将殿は本当に良い味でていて本当によかった)

 

自分も相手も憎からず、むしろそれ以上に想いあっていることに気が付きながらも言い出せない2人。

そんな時期に主人公と仲穎が出会ってしまい、最愛の女は自分の最愛の養父に献上することになってしまった。

奉先…というか呂布はいまこそ武勇名高く人気ものですが、基本的に裏切り者の代名詞です。

ですが本作の奉先は違う。仲穎を裏切れず、かといって主人公を諦められず苦悶する。

それは主人公だって一緒で、あの時に告白しておけばととてもとても後悔をする。

 

そこで催された仲穎・奉先・主人公三人だけの宴。仲穎が席を立った後、2人は隠れて手を繋ぎ、お互いの名を呼びながら失ったものの大きさを再確認する。

本当になんちゅう悲しいシーンなんだ…

(この場を開催した仲穎、2人のことを想ってやったとはいえ本来の原因は仲穎なので、本当に自身の二面性に苦しむしかない男だなあ)

 

もうね、後半は悲しいシーンが多いんだけれど、前半は仲穎と打って変わって奉先の明るさに救われるようなお話でよかった。

f:id:icomog:20170828164750p:plain

仲穎ルートだと困った顔で笑うのが印象的な主人公も、奉先ルートだと表情豊かでいつもニコニコしています。

f:id:icomog:20170828164829p:plain

こんな拗ねた表情もしてみたりする。うーん、良い…。

初めてだから優しくしてねというシーンも本当に好き…あんまりそういうエッチなネタは乙女ゲームでは得意じゃないんだけど本作は良いアクセントになっていました。

 

そんな主人公でも奉先が裏切り者として名をのこす運命を変えられない。

バッドエンドのおじいちゃんが「血にまみれた手で弓に触れるな!」「その殺気はどうした!!」と詰問して終わるやつとか後味悪くてびっくりした。本当にびっくりした。

f:id:icomog:20170828165226p:plain

(簡単に切り捨てられる浩太が可哀想すぎる)

 

歴史上の呂布は死んだが、奉先は巴とともに生きていく。

わかりやすくハッピーエンドでよかった。2人は全てを失ったけれど、2人ならまた築き上げていけるだろう。

 

 本初

 最初に断っておくと、プレイをしていて一番しんどかったのが本初ルートでした。

なぜかというと基本的に気を張り詰めていないといけないためですね。

他のキャラもどんどん自分の置かれている立場が悪くなっていくわけですが、本初ほど生きた心地のしないほど転がり落ちていくキャラもいない。

「早く…早く…本初を楽にしてあげて…もしくは主人公とさっさと両想いになって…」とずーっと願いながらプレイしてました。

頼むから早くベッドインさせてあげて…そうしたら本初頑張れるから…と祈りながらプレイしていました。

 

本初は名家に生まれて、なまじ能力が高く、周囲の期待にわりと応えられるため担ぎ上げられるのですがそれ以上のことはできないのですね。

仲穎のように王朝を滅ぼすという強い意志。

孟徳のように全土支配をするという強い意志。

伯符のように父の遺志を継ぐという強い願い。

もしくは華陀のように生きるために自分の役割に徹する割り切り。

本初に足りなったのは本当の「自分の願い」はどこにあるのかを最後まで認められなかったこと、逃げ出せなかったこと。

普通の良い人が三国志とかいう苛烈な嵐に巻き込まれてしまったのです。

 

男が好きな女にゆだね受け入れられることを望むのは自分の弱さなので、孟卓も指摘したように主人公に恋をしてしまったことで本初は更に弱くなってしまい、迷走してしまう。

本人は己を律しているつもりでも、ずぶずぶと深みにはまりおちていくのです。

 

本初~~~~~~~~~生まれた時代が悪すぎるよ~~~~~~~~(号泣)

 

時代が違えば、生まれた家が違えば、能力がなければ、本初のような人は幸せに生きたかもしれません。

動物を愛し、風流を愛し、やさしく穏やかな人がこんな悲しい運命をたどらなくてはならない三国時代の残酷さ…。

それこそ現代が舞台の乙女ゲームならなあ!ゆるふわ生徒会長枠なんだけど普段はおっとりしているのに取り仕切る場ではしっかり盛り上げるギャップ萌とかで人気を博し、世の乙女の痛バには本初の缶バッチがズラズラ、そして作品はアニメ化されEDでアイドルのようにキラキラ輝いて踊る本初がみれるんだよ!!!!アニ〇イトカフェで本初をイメージした煎茶ドリンクがな!飲めるんだよ!

生まれた時代が悪すぎるんだよ!

 

f:id:icomog:20170828171926p:plain

(この慎ましい笑顔とかサイコーだよな!なんでキス以上のことさせてやらなかったんだ主人公!)

 

ちょっと真面目な話になりますが、もともと文官寄りの内政に強いタイプはだいたい猜疑心故に自滅することが多いです。

恋愛ゲームなので揺らぎ続ける本初の危うい心の均衡が、バッドエンドに入った途端に悪い形で破綻してしまうのはなんとも切ないです。

本初のバッドエンドも膨らむ疑いの気持ちで誰も信じられなくなってしまった。でも受け入れてあげればよかったやんけ主人公…きっと本初は少し持ち直したぞ…

 

もうね、本初が倒れた後のシナリオは仲穎シナリオと通ずるところがある。

負将だからこそ、熾烈な覇権争いに加わることもなく、自身が滅びゆく運命に身を任せるしかない。

政権争いに負け左遷された高官とか、帝に嫌われているけれど名目上殺せない文官とか、きっとこういう死んだ穏やかな時間を過ごしたんだろうなあ。

本初が「今が人生で最も幸せだ」と繰り返し言うところなど切ない。

もっとわかりやすい幸せはこの世にたくさんあるはずなのに、本初にその縁はなかった。

 

魁で、最も運命に翻弄されるがままだったのは本初ルートだと思います。

悲しい、悲しいお話だ。たのむから補完して。

 

あと孟徳は本当にクソ野郎で安心しました。これでこそ孟徳。

 

 伯符

みんな大好き孫家のお兄ちゃん、伯符~!

前作のプレイヤーこそ楽しみにしていたルートだと思います、私も楽しみにしていました。

 

血気盛ん、男気満点、地の果てまで馬を走らせる、部下の信頼も厚い。

そんなヤンチャなオニイチャンのこのスチルにはかなりやられました。

f:id:icomog:20170828174111p:plain

完全に「萌すぎる…死んだ…火葬して…」という世の乙女ゲーマーの表情を再現したもので笑っちゃいました。

あんまりゲームのスチルは公式で出ているもの以外は貼りたくないのですが、これは伯符の良さが伝わるかなと思いまして…。可愛すぎワロタとなりました。

 

 

伯符の暗殺未遂をきっかけに、主人公のメンタルはどんどん壊れていき。。。

ちなみに主人公の悪夢は、本来は伯符が受けるものでした。負傷した伯符は枕元に立つ怨嗟の声に耐え切れず衰弱していき亡くなるのです。

これまで一切周囲をかえりみず己の道を突き進んだ伯符が立ち止まる選択をしたのは中々苦悶しただろうなあ。

それを受け入れてくれる配下の人たち…伯符は人に恵まれたな…先の3人は全く人に恵まれなかったのに…

 

しかし弱る主人公をみて歯がゆい想いをする攻略キャラクターという構図は良い、特になんでもできてしまう伯符も手出しできず悩んでしまうのが良い。

自分の愛する彼女が目の前で自殺しようとしたら息が止まるわなあ。

なにもできずに悔やみ続ける伯符、あまり尺を割いて描かれなかったですがここら辺を執拗に描写していたらとんでもない鬱ルートになっただろうなあ。

まあ魁でも屈指のメンタル強度を誇る伯符だからできたことであって、これが本初だったら大変なことになっていたと思う、うーん。

 

f:id:icomog:20170828184724p:plain

(これなど可愛い)

 

伯符ルートといえば大喬。とても良い役割でした!なんか大喬大きくなっていたけれど、前作では本来の大喬小喬とは異なるみたいなそういう設定とかありましたっけ…?

前作全プレイヤーはあの大喬のいじらしさに「懐かし~~~~~」と震えたことだろう。

 

伯符が生きながらえた未来には、喜んで仲謀は片腕として彼を支え花ちゃんも仲謀を支え、軍師公瑾も辛い負い目なく孫家の未来を描き花ちゃんもそれを見る。そんな面白空間があるのかなあと思うとなんだかしみじみします。

 

伯符ルートのバッドエンド、凄かったですね。

二次創作が大変盛り上がるようなバッドエンドで感動しました。

f:id:icomog:20170828175750p:plain

うう~ポニテ可愛い~。死んだ伯符は装い新たな主人公をみられないのが残念です。

伯符の名を継いだ彼女に、伯符に負けず劣らずイイ男仲謀や孟徳につぐクソ野郎公瑾も付き従うのかと思うと中々…二次創作が盛り上がりそう。

 

あと伯符ルートが存外純情路線だったのは声優NGなのかな?たつHSNGなのかな?

幸せなお話しでしたが後半は駆け足だったので、きっとここから描きたいところが沢山あったんだろうなあと思いながら…。

伯符が死ぬ運命が変わってないわけですし。

シナリオ補完してほしいルートのひとつですね。

 

 

華陀

先の四人は本当に辛いわけですが、華陀は一変。

なんというか前作の三国恋戦記に一番近い雰囲気でしたね。

わいわいと仲を深めていって、お互いに憎からず思うようになっても一歩踏み出せず、強い後悔で時間が巻き戻り、もう一度彼と生きていく未来を模索する…。

ということもあり、一番安心してプレイしたルートでした。

 

華陀は奉先ルートのバッドエンドの印象が強く、こいつは信用してはダメな奴では?と恐恐としていたのですが懐に入り込んだら良い人で安心しました。

f:id:icomog:20170828182702p:plain

(本作の攻略キャラクター全員を盛大に中傷する華陀)

 

華陀ルート、なんというか甘酸っぱくてよかったです。

特に死んだという未来の自分が主人公へ紅を送ったというシーンのあとの煩悶する姿なんて、ただただ華陀の人の良さしか感じないエピソードでした。可愛い。

先の武将たちと違って華陀は命が散ることを良しとはしていない、だからこそ迷い込んでしまった世界で出会った同じ価値観の主人公に惹かれたんだろう。

 

華陀ルートの主人公は肩の力が抜けているというか、これが本来の彼女なのかな?という穏やかさや安心感があってよかったです。

乙女ゲームの主人公は、攻略キャラクターの鏡。彼らの行動を吸収するように次第に姿を変えていくわけですね。

 

いやー、エンディングが絵に描いたようなハッピーエンドで、オレたちが求めていたのはこれだよ!!!!!!!!!!!!!!(怒)となりました。

こ!!!れ!!なの!!!これからも2人は幸せに暮らすんだろなあ…と予感させる終わり方が!!!!!いいの!!!!

 

好みは人それぞれ、ましてはロクな死に方をしない三国志の世界の悪役たち、まともな終わりなんて望めないかもしれないけれどせめて幸せにあってほしいものです。

 

 

三国恋戦記 魁

三国恋戦記 魁

 

 

 

最後に

本当に面白かった分、作品の補完を願わずにはいられません~~~~。

そしてVITAとか携帯機でプレイするのが本当に楽なので移植して~「三国恋戦記 魁 おもいでがえし」出して~~~。

PCゲームなので最近ではなかなかプレイすることすら難しいとはおもいますが、PC環境のある方はご購入の上Daisy2にお布施してください!きっと信心と売上次第でFDが出るはずだ~

以上、ほとんど寝ずに書いたぽぽたんでした。

 

ぽぽたん (@popotanhayume) | Twitter

女オタクにやさしいFGO入門

こんにちは、ぽぽたんです。

巷で流行りに流行りブイブイ言わせているソーシャルゲームといえばこれ!

『Fate Grand Order(フェイト グランド オーダー)』

今まで様子見をしていたのですが、Fate原作をプレイしたのをきっかけにはじめました。

いや~~~~~~~~~~~、面白い。

女オタクにやさしいFGO入門を書きましたので、「気になるけど、Fateってややこしいらしいから手が出しにくいなあ」という方は是非参考にしてくだされば幸いです。

 

f:id:icomog:20170819224635p:plain

 

 

FGOのいいとこどり紹介

この記事を読んでくださっている方は、きっとFGOに少しでも興味があるかたばかりではないでしょうか。

そもそも、みなさんがFGOへ興味をもったきっかけって何でしょうか。

 

イケメンサーヴァント(イケメンキャラ)でしょうか。 

f:id:icomog:20170819140033j:plain 

(FGOでも屈指の人気を誇るイケメンみんなのトラウマ『ガヴェイン』)

f:id:icomog:20170819140114j:plain 

(とどまることのない兄貴人気の結果バーサーカーにもなってしまった『クーフーリンオルタ』)

f:id:icomog:20170819140150j:plain

(褐色好きが涙を流しながら課金する『アルジュナ』。もちろん物欲センサーが反応して出ない)

 

 

かっこいい概念礼装カード(よくわからないイラスト)でしょうか。

ちなみに下記のイラストを描いたのは、うたプリの倉花千夏先生アムネシア・カラマリの花邑まい先生テンカウントの宝井理人先生魔界王子・B-PROJECTの雪広うたこ先生等々、女オタクに直撃なラインナップだ!!!

 

f:id:icomog:20170819141302j:plain

(ホストクラブ円卓こと『アズ・ユア・ウィッシュ』)

f:id:icomog:20170819141407p:plain

(乙女ゲームのスチルかよ『フォンダ・オ・ショコラ』) 

f:id:icomog:20170819141620p:plain

(この二人のことをよく知らない人には大きく勘違いされてそうな愉悦礼装『聖者の行進』)

f:id:icomog:20170819142215p:plain

(ホストクラブ円卓inSummer『ナイツ・オブ・マーリンズ』)

 

 

 

舞台イケメンキャストのファンだからでしょうか。

f:id:icomog:20170819143913j:plain

「FGO」メインキャスト集結、藤丸立香&ランスロットら新たに11名の扮装姿も - ステージナタリー

(上画像は突然の皇帝ダンスにFGO民の度肝を抜いたオジマンディアス役の本田礼生くん。イケメン)

 

そのほかにも、放送の度にツイッタートレンド入りを果たすWEBラジオ、メンテナンスの度にツイッタートレンド入りを果たす運営、『マンガで分かる!Fate/Grand Order』、もしかして10月に公開される『劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel]』で興味を持った方もいらっしゃるのかな!?

現在絶賛放送中の『TVアニメ「Fate/Apocrypha」』も宜しくお願いします!

 

ともかくネットをしていると何となく目に入るFGOという文字、本当に面白いゲームなのでしょうか。

 

いいとこどり!FGO紹介

☆シナリオが面白い

Fateシリーズといえば、緻密な設定と伏線が絡み合う伝奇活劇ヴィジュアルノベルとして大層な人気を博しました。

可愛い女の子キャラが大剣を振り回して敵を打つ、というもはや王道的な側面もあるのですがFateといえば「男が憧れる男」が多く登場します。男が憧れない男はワカメぐらいです。

かっこいい男性達が登場し、知略をめぐらせ、傷つきながらも、自分よりも強大な敵へ立ち向かっていく姿勢はなんともクるものがあります。慢心していると死にます。

そんな良質なシナリオが確約された土壌に、とうとうソーシャルゲームがやってきてしまった…無料でFateが遊べてしまう…のがFGOなのです。

 

ソシャゲでもちゃんとしたノベルが読みたいという方にはおすすめしたい作品です。

もちろん、女性向けへの露骨な萌はあまりありませんが萌を駆り立てる要素は間違いなくあります。

例えば下記の概念礼装は、プレイヤーからしてみれば「公式が最大手だった」と放心するレベルのものです。

f:id:icomog:20170819151024p:plain

(突然ぶっこまれた学園もの『ヴァーサス』。ファンは震撼した)

f:id:icomog:20170819151119p:plain

(筆者はこの礼装をみて萌と運命のあまりの悪戯さに深く感動するあまり泣いたという『センセイとボク』)

 

もしもアナタがFGOにハマってしまったら…

知れば知るほど深みにはまる型月世界から抜け出せなくなり「きのこがFGOの仕事をすればする程まほよ2と月姫のリメイクが遠のく…」みたいなことを毎日つぶやくスペシャルな日々をおくることができます!

 

☆男キャラがかっこいい、戦う男の子がみれる

先述した通り、戦う男子がカッコいいんですよね…。

こればかりは口で説明できないので、よろしければ動画をどうぞ。

 

(真の英雄は目で殺す。)

 

(信じられないと思うけど、シナリオだとネタにされまくる面白オジサンです)

 

善の道か悪の道であるかという問答など無意味。己が信念を貫き、生命を預けた愛剣で道を全うする男の美味しさよ。

なかなかしっかりモーションを作りこんでくれる女性向けゲームは少ないので、こういうちょっとしたことが凄くありがたいですよね。

素直に萌です。

 

☆無課金でもなんとなく揃う(※個人差あり)

ソーシャルゲームの一番の問題点は課金要素!

もちろん(数百万と)課金すれば必ず揃う!という事実の裏返しなのですが、普段は推し・推しCPに貢いでいる女オタクにはそんな余裕はない!

爪の先に火をともすような質素な生活をしているそんなあなたにもFGOは優しく手を差し伸べてくれます。そして崖から突き落とします。

 

私のプレイ100日目&無課金パーティを大公開! 

f:id:icomog:20170819154138p:plain

最もレアリティの高い☆5が5枚、☆4が8枚(配布サーヴァントを除く)、☆3はたくさん!と上々なのではないでしょうか。

もちろんレアリティの低いカードでも育てればガヴェイン戦まではスイスイいけます!(実体験)

 

 

f:id:icomog:20170819154444p:plain

(このイケおじinSummer礼装などは5枚持っている。)

 

親指ひとつで課金できてしまう時代に生まれたからにはガンガン財産を消費していくのも選択肢の一つですが、配布石のみで無課金でのんびりやるのもまた乙なものです。

 

 

最後に?

以上、FateシリーズをよくわからなくてもFGOは始められるよ!ということを伝えたかった記事でした。

せっかくの基本プレイ無料、せっかくの無料Fate、せっかくの美麗イラスト達、堪能しないのはモッタイナイ!

是非、ダウンロードをご検討してくださると幸いです(^^)

 

………って思うじゃん?

なんとFGO、『Fate/stay night』の致命的なネタバレを一番最初にぶち込むトンデモゲーなのだ。

例えるなら、まどマギはループ世界、シュタゲなら〇〇は××の子ども、スラムダンクのラストは〇〇、シャーマンキングは打ち切りで終わるぐらいのネタバレをぶっこんでくるのだ!

 

もうね、少しでも「Fateやりたいな~」とか「クーフーリン?かっこいいよね」とか「ピクシブで言峰綺麗と衛宮切嗣って人気だよね」とか「あの諏訪部純一の声の褐色キャラ?いいな」など思う方、とりわけ諏訪部純一のキャラが気になる人には必ず原作から触れてほしいと思います。

 

たのむ、諏訪部純一声のアーチャーが気になる全ての乙女へ届け!

かならず『Fate/stay night』をプレイしてから、FGOに触れてくれ!

絶対後悔するから~後悔させないから~。

Best版で3000円ぐらいで買えるから!

 

もしくはUFOTABLE制作のアニメ『Fate/stay night[Unlimited Blade Works] 』をみて!!!!

良くできているアニメだから!劇場版スタジオディーンではないぞ!

 

 

下記からは、少しでもFateシリーズが気になってきた方へ送る「Fateシリーズとはなんぞや」を語ったものになります。

もちろんネタバレは無しです。

どこのシリーズから触れたらよいかも含めて記載しているので、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

そもそもFateシリーズとは?

そもそもTYPE-MOONって?

『Fate/stay night』とはゲームブランド「TYPE-MOON(いわゆる型月)」により発売されたヴィジュアルノベルゲーム です。

いまでは代表の武内崇氏がシナリオライター那須きのこ氏の才能に惚れこみ、きのこ氏とゲームを作るためにイラストを描きだした…という逸話があります。

型月作品は全て同じ世界観を共有しているので、Fateにハマると必然的に『月姫』『空の境界』『魔法使いの夜』の知識がほしくなるというか必要になります。

そんな深くふかーい多層的なシナリオは設定厨歓喜であり、作品にずっぽりハマったファンは型月から逃れられなくなり、より濃い血を繋いだ濃いファンが醸造されていったわけです。

 

そもそも『Fate/stay night』とは?

ごく普通の街に生まれた、料理上手なごく普通の男の子がある夜を境に、歴史上の英雄たちが現代へ召喚されて殺し合う『聖杯戦争』へ巻き込まれていく…。

f:id:icomog:20170819174420j:plain

(オタクなら一度は聞いたことがあるであろう、クソほど有名なセリフとそのシーン)

 

シナリオを進めていけばいくほど、全く普通の男の子じゃないことがわかるわけですが、そんな主人公でも戦いの中で成長していき、これまでの信念を貫き通すか、信念を捨ててでも愛する人を守るかという選択を強いられるわけです。

その主人公の精神的な葛藤が物凄く熱い上に、丁寧に描かれています。

 

またFateといえばセリフが凝っていてとてもかっこいい!

f:id:icomog:20170819175518j:plain

(Fateにハマったオタクは全員暗唱できるというクソほど有名なポエム)

私の好きな名台詞を少しご紹介すると、

・「いくぞ英雄王━━━━武器の貯蔵は十分か」

・「英雄とはな、己が視界に入る全ての人間を背負うもの。この世の全てなぞ、とうに背負っている!」

・「ああ。時間を稼ぐのはいいが───別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」

・「────さらばだ。理想を抱いて溺死しろ」

・「了解した。地獄に落ちろ、マスター」

アーチャーとギルガメッシュは名言メーカーなんだよなあ。

 

また先述しましたが、男性キャラクターがとてもかっこいい。

その生きざまがとてもかっこいい。

f:id:icomog:20170819181528j:plain

(サーヴァントとして第二の生を謳歌する英雄たち。FDより)

ヴィジュアルは現代の乙女に刺さる…のか?な感じではありますが、彼らの生死観、英雄として生きてきた生前を振り返る姿、そしてサーヴァントとして全うする幾重もの生をプレイヤーとして追っていけば、必ずその生きざまに痺れること間違いなし!

男性の憧れる男性像を描いた魅力的なキャラ達なので、必然的に女性も好きになるのではないでしょうか。

全く乙女キュンポイントはないけれど…。強いて言えば[Réalta Nua]の前日譚のあたりとか…?プロローグのプロローグなのに3時間弱プレイすることになるけど…。

 

というわけで、『Fate/stay night』を是非プレイしてみてください!

VitaでしたらBest版で3000円ほど、ipadでもプレイできますよ!

 

Fate/stay night [Realta Nua] PlayStation Vita the Best - PS Vita

Fate/stay night [Realta Nua] PlayStation Vita the Best - PS Vita

 

 

Fate/stay night [Realta Nua]

Fate/stay night [Realta Nua]

  • Notes Co.,Ltd.
  • ゲーム
  • 無料

 総プレイ時間は70時間ぐらいが平均です!頑張って!本当に面白いから!

 

 

FGOはFateシリーズの何にあたるの?

Fateといえば派生が多すぎて何がどうなっているのか わからない方も多いはず。

簡単に図解しましたので下記をご覧ください!

 

f:id:icomog:20170819222756p:plain

 

うん、よくわからないね!

もっと具体的に表現すると、

①第5次聖杯戦争をめぐるFate本編

②第5次聖杯戦争の内容が本編と異なる物語

③第5次聖杯戦争が勃発しなかった後の物語

④Fate本編に限りなく近く、でも正統な続編ではない物語

⑤Fate本編の世界観を借りた全く異なる世界の物語

の5つに分かれます。

※もっと厳密にいえば、『Fate/Zero』も正史ではないのです。便宜上そうしました。

 

FGOは『本編と異なる第5次聖杯戦争その後の別の物語』という一番ややこしいパターンになります。

簡単に言えば、『Fate本編と同じ世界観を共有しているが、違う世界線の話』です。

ややこしくしてしまってごめんなさい。きのこが悪い。

 

サーヴァントとして召喚される英雄たちは、英雄の座という場所から、一度に様々な世界線へ自分を飛ばすことができます。

様々な世界の自分が体験したことは英雄の座にいる本体は認識できるため、本を読むように知ることができる、とのこと。

つまりFGOにいるクーフーリンとFate本編のクーフーリンは同じ知識や経験、性格の英雄ですが、あくまで別々の存在なのですね。

このややこしい感じにハマる人こそFate沼から抜け出せなくなるわけです。

 

番外編:Fateシリーズどこから手をだしたら良いのか問題

これだけ様々な派生のあるFateシリーズ。

何から手をだしたらいいんだよ!!!!となる方ばかりだと思いますし、私自身もいまだによくわかっていないのですが他作品の特徴を簡単にまとめましたのでどうぞご参考ください。

 

①Fate正史

Fate/stay night

 

Fate/stay night [Realta Nua] PlayStation Vita the Best - PS Vita

Fate/stay night [Realta Nua] PlayStation Vita the Best - PS Vita

 

 

ずーっと語ってきたのでいい加減にしたいのですが、数々の伝説を産みだすことになるFateの原点にして正史。

これに触れず何を語る。

まさしく信者がとてもめんどくさいタイプの作品。

 

Fate/hollow ataraxia

 

Fate/hollow ataraxia PlayStation Vita the Best

Fate/hollow ataraxia PlayStation Vita the Best

 

 『Fate/stay night』のファンディスクにあたるもの。

ずーっとシリアス一辺倒だった本編から、キャラクターたちが爆発したかのように好き勝手する作品。

みんながわいわいしている姿をみて涙する…だがワイワイするだけの作品じゃない!

何故か世界がループし続けているんだ!これはおかしい!

ようやく衛宮史郎が女性キャラ達をたらしこめるようになったり、水着デートができたり、キャスターが可愛かったりする作品です。

セイバーの食いしん坊キャラが決定的になったのもこの作品から!

f:id:icomog:20170819203931j:plain

クソみたいな様々な可能性がみれるのも、Fateシリーズの魅力)

あとbest版なら『かぷせるさーばんと』というやり込み度抜群のミニゲームができるぞ!このミニゲーム、筆者の総プレイ時間は7時間だ!

 

Fate/Zero

 

Fate/Zero Blu-ray Disc BoxStandard Edition

Fate/Zero Blu-ray Disc BoxStandard Edition

 

 型月がhollow ataraxiaを制作している頃、同じくしてこの作品を書いている人物が一人。

後にまどマギで一世を風靡する男・虚淵玄である。

だいたい『続・殺戮のジャンゴ』と同じ時期に書いてたのかなあ。凄いなあ。

Fate本編の前日譚にあたる、第4次聖杯戦争を描いた作品。

本編では「クソ」「人間の底辺」「じじい」と散々な評判だった、衛宮史郎の養父である衛宮切嗣が主人公。

無情に振る舞っていても人間らしい感情を捨てきれない切嗣が悩み、苦しみ、言峰綺麗にマジ切れするお話だ!

本編ではさりげなく流された様々な不明点・伏線がこれまたさりげなく回収されていくので、気が付く度に「きのこはどこまで考えてFate本編を作ったんだ!??!」と驚愕することしかり。

「「「然り!然り!然り!」」」

登場キャラクター達も本編に負けずとも劣らぬ程魅力的なので読んでいてとても楽しい作品。

アニメもあるので観てね!よくできてます!

 

②第5次聖杯戦争の内容が本編と異なる物語

 Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ

 

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ (1)

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ (1)

 

『Fate/stay night』には原案があり、それでは、な、なんとセイバーは男の子だったのだ…! 

そして主人公は女の子。なんとなく乙女ゲームとか少女小説とかに近かった。

そんなFateの原型"Prototype”を元にして、新たな形の聖杯戦争を描いた作品。

フラグメンツの凄いところは、どのキャラクターにも見せ場があり、己の信念を語る舞台が用意されていること。

聖杯戦争はバトルロイアル形式なので、序盤に退場するとどうも存在感が薄くなってしまうのですがフラグメンツはそれを回避するためにあれこれ工夫をこらしています。

あと『Fate/stay night』の残り香を感じとれるところなどファン垂涎の書。

そうそう世の乙女たち!!CV櫻井孝宏の「アーサー・ペンドラゴン」はこの作品のプロトタイプセイバーだよ!

 

Fate/Apocrypha
Fate/Apocrypha vol.1「外典:聖杯大戦」【書籍】

Fate/Apocrypha vol.1「外典:聖杯大戦」【書籍】

 

2017年夏より絶賛放送中の『Fate/Apocrypha』!!

この作品は第三次聖杯戦争で本編とは異なるあることが生じた世界で展開される、新しい形の聖杯戦争もとい聖杯大戦。

ただでさえ7人マッチで多いような気がするサーヴァント達の群像劇が、2陣営で展開されるため複雑なものに。

かなり本編とはかけ離れた設定のため中々厳しい意見も多い作品なのですが、かなり面白い作品だと思っています。

キャラクター達も魅力的ですし、彼らを襲う理不尽な運命。

それに立ち向かう主人公は型月では新しいタイプです。

ちなみによく話題にあがるアストルフォちゃんはこちらの作品出身なので好きな方は是非!!とても可愛いのにかっこよくて可愛いので「哲学…」と問答しだすぐらい魅力的に描かれています!

 

 

③第5次聖杯戦争が勃発しなかった後の物語

Fate/EXTRAシリーズ
フェイト/エクストラ PSP the Best

フェイト/エクストラ PSP the Best

 

 

あらすじがややこしいので凄く割愛させていただくと、色々あって月で聖杯戦争をします。

大変申し訳ないことに筆者が未プレイなので大したことが書けません。ごめんなさい。

「余じゃ!」でおなじみ、ネロ・クラディウスはこの作品です。

世に渇望されたアーチャーオルタもこの作品らしいですね。うーん、はやくプレイしたい。

いまのところプレイできた人はいるのか?なスイッチ版は下記。

 

Fate/EXTELLA LIMITED BOX

Fate/EXTELLA LIMITED BOX

 

 

④Fate本編に限りなく近く、でも正統な続編ではない物語

 Fate/strange Fake
Fate/strange Fake(1) (電撃文庫)

Fate/strange Fake(1) (電撃文庫)

 

第五次聖杯戦争後、また新たな聖杯戦争が勃発。しかしいつもの聖杯戦争とは趣がことなっていて…? 

デュラララ!でおなじみのラノベ作家・成田良悟氏がFateが好きすぎて好きすぎて、本編のその後の小説を書いてしまった!

そんな経歴のある小説なだけあって、文章の端々から気迫のようなものを感じます。

まず表紙から「おいおいギルガメッシュが登場するのかよ!」ですし、FGOをプレイした方だと「おいおいエルキドゥやんけ!」ですし大体クライマックスです。

しかも!なんとこのギルガメッシュ、慢心しない。

この作品はFate好きほどハマる傾向があると思うので、もしも本編をプレイ後にさらにFate世界に浸りたい!という方におススメ!

「魔術協会」「聖堂教会」も出てくるよ!

 

ロード・エルメロイII世の事件簿
ロード・エルメロイII世の事件簿

ロード・エルメロイII世の事件簿

 

『Fate/stay night』の続編ではないけれど、『Fate/Zero』の正統な続編というややこしい本作!

Zeroでは魔術使いとして未熟だった可愛い「ウェイバー」が時計塔の教授・ニヒルな紳士「ロード・エルメロイⅡ世」となって帰ってきた!! 

他のFateシリーズが伝奇物なのに対し、本作はミステリっぽい作品なのでかなりとっつきやすいかもしれません。

”事件簿”というタイトルなので、もちろん様々な陰謀・事件に巻き込まれたエルメロイⅡ世が知略を巡らせ現状を打破する探偵ものです。

その”探偵”という称号も魔術使い・魔術師たちには嫌悪に近い印象を持たれるほど、泥臭く、根源から遠く、センスのないもの。

魔術の才能に愛されなかったエルメロイⅡ世だからこそ、探偵となり、謎を暴いていくことができるのです。

そうです、筆者はエルメロイⅡ世が性癖にガッツリ来たのです。本当に好き。

惜しむべくは刊行ペースが年に1~2冊というところ。

これでも早いほうだけれど、毎秒新刊売ってくれ~たのむ~

 

⑤Fate本編の世界観を借りた全く異なる世界の物語

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(1) (角川コミックス・エース)

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(1) (角川コミックス・エース)

  • 作者: ひろやまひろし,Fate/staynight(TYPE-MOON),TYPE-MOON
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2012/09/01
  • メディア: Kindle版
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

みんな~!ヒロインにはなれなかったけど、主人公になれたよ~☆!

みんな大好きイリヤちゃんが魔法少女になって世界を救う?全く本編と関係ないじゃねえか!と突っ込みたくなるけど、ちゃんとFate

熱いバトルと熱い百合でおなじみの本作なのですが、女オタ的には衛宮史郎が普通に可愛いのでよしです。

何を説明したらいいのかわからないのですが、面白いのでぜひ!アニメもよくできていて面白いよ!

 

コハエース
コハエースこれくしょん (角川コミックス)

コハエースこれくしょん (角川コミックス)

 

 ライダーさんがかわいい。

 

Fateシリーズどこからはじめたらいいかわからない問題

これだけシリーズ展開をしていたらどこから…となる方ばかりだと思いますが(二度目)、おすすめなのはこちら!

 

・とにかくFateシリーズをしっかりプレイしてみたい

Fate本編3作→ Fate/Extla→Fate/strange Fake→ロードエルメロイ2世の事件簿→気になる他作品

 

・とにかくFGOを楽しみたい

Fate本編3作→FGO→ Fate/strange Fake→気になる上記の作品

 

・イケメンをたのしみたい

Fate/stay night→Fate/Zero→ Fate/Prototype→ロードエルメロイ2世の事件簿→他作品で気になったもの

 

みなさんの素敵なFateライフの一助になれましたら幸いです(^^)

 

 

最後に

 FGOを語った記事のつもりがFateシリーズ全体に及んでしまいました。

ぜひFGOでFateへ興味を持ったかたも、FGOが気になるけど手が出せないというかたも気軽に触れてみてください。

そして、本当のの恐ろしさを型月沼で知るといい!

 

ぽぽたん (@popotanhayume) | Twitter

2017年の世界で『Ever17』プレイしました感想

こんにちは、ギリギリ葉鍵世代のぽぽたんです。

今回は名作と名高い『Ever17 -the out of infinity-』をプレイしたので感想です。

 

ネタバレ全開&なんの得るものもない、ただの感想です。

全文を通して、「2017年の世界でプレイすることによる感想」みたいな軸があるので、人によっては不快に思う点があるかもしれません。

ですが、すっげー面白かった!と息巻いて書いているので、多少ご容赦頂ければと思います。

 

もちろん、未プレイの方はDMMでダウンロードできるから買って!!頼む!!!それから数々の名考察を読んでも遅くないので!!

 

以下、ネタバレです。

 

 

f:id:icomog:20170509165508j:plain

好きなヒロインは空さん!たまんなかったです!

 

 

『ever17』感想

せっくなので余談からはじめますが、ギリギリ葉鍵世代の私にとって、いつかやりたいADVの一つに本作である『Ever17 -the out of infinity-』がありました。

 

このゲームをやらずにノベルゲームを語るのは浅はか・これほどの大どんでん返しに出会ったことはない・ネタバレをみると物語の魅力が全て失われる…などなど

 

ちょうど10年前程なので、ever17発売当時の熱はおさまりつつあり、プレイしたことのないノベルゲーム人口の方が多い時代だったような気がします。

プレイした人は一目置かれているような感じで。

なのでタイトルは有名ですが中々プレイに至らず、ここまできてしまいました。

 

ですがいつかやりたいというか、死ぬまでにやりたいゲームの1つでした。

そのため、一切のネタバレを断ち、公式サイトやwikiすらみることもなく、数々のレビューを避けていました。

それからプレイするタイミングがなかなか得られないまま、2017年5月1日―――。

どうやらこの日がゲーム内では物語が始まる日であるらしいと知り、、、

 

f:id:icomog:20170509131404p:plain

買いました。

 

 

未プレイの方はもう読んでいないでしょうか。

下記からは感想です。

 

どこから書いたらいいのかわからない感想

 

これまでのゲーム人生の中で、パラレルワールドものやループものは何作かプレイしていましたし、まっさらな感性を持つ思春期だった私はめちゃくちゃ影響を受けました

20代後半エロゲオタクの大半は、ゲーム観に大きく影響を与えた作品の1つは並行世界やループものなのではないでしょうか?(暴論)

 

私が並行世界ものゲームに初めて触れたのが、『Air』でした。

もちろん号泣&号泣&大号泣。

こんな展開があるのかと驚愕しきりで、こんな演出をゲームなら行うことができるのかと感動して、のめり込むようにノベルゲームへ傾倒していきました笑。

BLゲームに手を出し始めたのも、『神無ノ鳥』という名作が女性版Airと呼ばれていると知ってからでした。頼むから再販してくれ~~~埋もれるのはもったいない~~~~~~

 

『CROSS†CHANNEL』『マブラヴ オルタネイティヴ』『CLANNAD』『リトルバスターズ!』『デモンベイン』『スマガ』…

どの一作も思い入れが深く、許せばどのゲームも懐古記事を書きたいぐらい影響を受けたのですが、私のキーボードをたたく指が折れるので割愛。

あえて言うなら、私生活が崩壊した。

 

そんなever17の後に発売される名作をプレイしていたこともあり、目の肥えた豚に育ってしまったこともあり、「いくら往年の名作といえど、多少驚く程度だろう…」と思っていました。

 

ループものか、または並行世界ものか…。

わかりやすく土台をひっくり返すには、物語の大枠を更に広げることが定番ですからね!

 

まあそんな生半可な気持ちでever17をプレイしていたので思いっきり騙されました。

いや~~~~~~、ループや並行世界(の歪み)に思わせる展開、飼いならされた豚ほどひっかかるでしょ~~~。

 

何度もループを繰り返すうちに、摩耗し疲弊していく世界に出現する”歪み”…。

歪みをこじ開けることでその閉鎖された運命から脱出し、主人公は世界を”書き換える”。

 

私が少女だった大昔では”新しすぎる”設定でしたが、今では使い古されつつある概念。

今のオタクは少しでも物語に異変があれば、思考停止をするレベルで「並行世界」を指摘するほどに。

なんなら並行世界ものといえる『君の名は』がオタクでない老若男女にも大ヒット!

並行世界ものやループものは決して珍しいものではなくなりました。

 

と、い、う、プレイヤーへのミスリード!!!!あーひっかかった!

気持ちいいぐらいひっかかった!!!

 

ココ編の、少年の鏡の姿のあたりではあまりピンとはこなかったのですが、優の名前が優秋であることを知るところでも「世界の歪み系かな?」と軽く流していたのですが、ツグミの名前は「月海」とあてると語られるあたりから全てが繋がって脳汁ドバドバ「うわうわうわ」と声がでました。

沙羅が何故、ココがツグミから習ったという子守歌を歌えるのか。

そしてココは”ママ”から教えてもらったという子守歌。

ママの名前が入った「月と海の子守歌」というタイトル。

つまりママはツグミである。

そして沙羅の持っているペンダントの男性はパパである武であるはずだが、プレイヤーの知る武の姿ではない。

すると、我々の目の前の武は誰だ―――?????

みたいな感じの思考が一瞬で巡り、普段は何も考えなくていいアニメ大好きなフレンズですので、久しぶりに脳みそに血流が通いました。

 

ループでもなんでもなく、過去行われたことを再現したお話であることが判明し、やられたゾ~。

やられた…やられた…と軽い放心状態になりながら立派に成長した姿をみせる優春から語られる、第三者視点。

いまでは決して珍しい設定ではなくなったけれど、BWというメタ視点を作品に溶け込ませる融合度の高さは今でも評価すべき点でした。

ずっと我々は武や少年の”目”を通じて、物語をみてきたわけです。

 

マルチエンディング系のゲームにおいて、「そういえばこのルートでは○○は何をしていたっけ?そもそもこのルートで××は登場したっけ?」みたいな混乱はどなたにも経験があるかと思います。

そのプレイヤーの混乱を反映した少年の思考に、騙されていたのです。

いやー、本当にずるい。ずるい。

 

 

そういえば、「2000年代のゲームだからかキャラクター造形が古く懐かしい感じ」と思った自分に衝撃を受けました。

少なくとも鍵作品を難なくこなしていた自分がそう感じる日が来るとはと…。

電波キャラに付き合いにくさを覚える時代がくるとはと。。。。

 

ココのようなキャラは”ガイジ系”と評されてしまう世の中です。

過去はちょっと個性的なヒロインでも”実は寂しがりや”とか”実は弁が立つ”とか”実は神”とか、本人をよくよく知ろうと頑張ったじゃないですか!?

彼女のいいところを知ろうと頑張ったじゃないですか!?!?

「ひらがなみっつでことみ」なんだよことみちゃんはよお!??!?!

常識的なキャラが多いほど物語の理解が早まるし物語に入り込みやすくなるのは100も承知なのですが、新しい時代がきているんだな…としみじみしました。

乙女ゲームもそうだけど、「普通にいい女子高校生」とか「普通にいい男」みたいなアニメのキャラとは思えない、個性が引っこ抜かれたような子たちが多いもんね最近。

 

ずるいポイントといえば、「主人公の個性によって被攻略ヒロインとの関わり方が変わる=√によって被攻略ヒロインの行動が変わる」という固定観念を的確についてきたこと。

武編でできたことを、少年編でできなくても”主人公が違うから”仕方ないと問題視しないのです。

思えば、武編である空√で優は警備室からのアクセス権限に関するパスワードをわかっているのに対し、少年編である優√ではパスワードはわかっても(本当にアクセス権限のあるPASSなのかは怪しい)ユーザーネームで引っかかってしまったのはなぜだろうとか、そもそも武編のBADEDで恋心を告白して死んでいった優を少年編で攻略できるのは変な気持ちだなとか、いろいろ違和感はあったんですよね…。

よくゲームをする人間ほど引っかかってしまう所以ですね。

 

 

良い点を挙げてみましたが、やはりネックをあげるとしたら、「2017年に」プレイしてしまったこと。

 

タイムリープや第三者視点という叙述トリックが珍しいものではない現代で。

攻略キャラクターに対して”くどさ”すら感じてしまう現代で。

一瞬で既読をスキップできる機能が実装されている現代で。

製作者側がプレイヤーにストレスなく物語を作るスキルがある現代で。

 

どうしても私の中で「往年の名作」の域を出ることができませんでした。

物語自体は本当に面白かったです!とても楽しませて頂きました。

 ですがever17は私の中では古典に近く、FF15を好きな人にFF6を薦めるような、村上春樹が好きな人に「グレートギャッツビー」を薦めるような、なろう系ファンタジーが好きな人にロードス島戦記を薦めるような、そういう感じに近いのです。

もちろん色あせることなく面白い作品であるのには変わりないのですが、やはり発売当時の衝撃には叶わないと思います。

 

そして本作に大変影響を受けた後続の名作ゲーム達は、正統に脈々とever17の血を受け継いでいるからこそ私はそう思うことができる。

本作の設定を”新しいもの”とは感じず、キャラクターを”くどい”と感じる。

それは後続の作品が、面白い作品を作ることで「新たな境地を作り出す」ことに成功したからです。次のステージに進んでいるのです。

記念碑的な、大切な作品なのには変わりありません。

ただ2017年にプレイしてしまった!そこが問題でした。

 本当の意味で価値観が固まる前の思春期にプレイすべきゲームです。自分がうら若き乙女でないのが恨まられます、当時プレイできた方が羨ましいです。

 

最後に

少年はBWの目を通して優√や沙羅√を把握しているのも面白かったです。

ゲームの登場人物である武やココやホクトにとっては、ある意味ループものであり並行世界ものであるのですが、プレイヤーである我々にとっては一貫した一つの物語なのです。

 数々の三次元世界(たくさんのエロゲ)をコレクションし、プレイすることのできる我々は彼らにとっての(n+1)存在。

おにいちゃんと呼んでくれる可愛い妹がほしいですね。

 

大分おそまつな記事になりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。

本当に面白いゲームでした。

【ネタバレ無しand有り】『Collar×Malice』レビュー&感想

こんにちは、乙女ゲーム大好きぽぽたんです。

今回は、乙女ゲームアワード2016年にて大賞を受賞した大人気作品『Collar×Malice』(カラーマリス)をトロコンしましたので感想を書きたいと思います!

一言感想を書くなら、「シナリオ重視派ならプレイすべき!オトメイト作品でも指折りの良作!」です。とても楽しんでプレイしました!

 

以下はネタバレ無しのレビューとネタバレ有の感想です!

いやー、もしも購入を悩まれている方の一助になればうれしいなと思います。

人に勧めたくなるタイプの作品でした。

 

f:id:icomog:20170413194430p:plain

Collar×Malice

 

 

【ネタバレ無し】レビュー

簡単な作品紹介

謎のテロ組織によって日常を奪われた都市”新宿”にて、警察官一年生の主人公は業務になれつつあった。

だがある日、組織に拉致され、毒を仕込まれた首輪をはめられてしまう。

首輪を外すには新宿を悪夢の街へと陥れた「X-Day」の謎を解かなければならないという。

主人公は「X-Day」事件を追う男性たちと出会い、正義を胸に、謎を追う。

 

レビュー

乙女ゲーム界において色褪せない大人気作品『CLOCK ZERO ~終焉の一秒~』『AMNESIA』を手がけた、島れいこPの鳴り物入りの最新作!!

『AMNESIA』の世界をよりドラマティックに仕上げた、最高を確約されたイラストレータの花邑まい氏!

そしてOPを飾るのは、大人気バンド「Plastic Tree」!!

 

オトメイトが金をずぶずぶにつぎ込んだ、渾身の力作であることが、このラインナップから漏らすレベルでわかりますね。

 

だが大作ほどコケる傾向にあるオトメイト。

果たして本作はどうなのか?と戦々恐々、様子見をしていたプレイヤーも多かったかと思います。

私もまさしくそれで、発売当初はP4やFF15などが発売されることを言い訳に、見送っておりました。

 

せっかくなので、この作品を良作たらしめた要素を列挙しますと、

  • 乙女ゲームの癖に、攻略キャラクターが理性的すぎる
  • 乙女ゲームの癖に、攻略キャラクターの重い過去が比較的あっさり流される
  • オトメイトの癖に、攻略キャラクターとのディープキスがない
  • 乙女ゲームなのでほどほどに攻略キャラクターが依存してくれる
  • 風呂敷を広げるタイミングが絶妙&風呂敷をきっちり畳んでくれる
  • そこまで血みどろの話ではない
  • オサレシステム

f:id:icomog:20170413205841j:plain

ただのシーン切り替えカットインですらこんなにオサレである。

 

簡潔な文体&テンポの良さが、物語にぐいぐい引き込まれていく要因なのだと思います。

1つ謎を解決したかと思えば、謎が出てきて、その謎は簡単には解けない。

どのキャラも趣向をこらしているので、「ハンコかと思ったけど全然違ったぜ!!HAHAHAHA!!!」とミステイクを認めてしまう程度にはシナリオ、頑張っています。

 

ですが推理もので「この声優は大御所だから犯人」みたいな、メタメタ推理をしてしまうタイプの人にはおすすめしません!!!!笑

メタ視点で物語を俯瞰する人には一瞬で物語の大枠がみえてしまいます。

そういう視点で見ておきながら、「犯人わかってたわ~つまらんゾ~」と作品を批判するのは粋ではないですからね。

 

そういう人向けの意表を突いた√もあるにはあるのですが、基本的に「物語を楽しむために脳みそを空っぽにする」スキルが必要になるかと思います。

良い意味で。

 

 この物語で軸となる『X-DAY』事件とは、『アドニス』と呼ばれるテロ組織の起こした一連の殺人事件のことです。

簡単な概要は下記の通り。

  • 4月に拉致られた汚職警察官が、動物の被り物をさせられ射殺される趣味の悪い映像を全世界公開!
  • 6月には、とある中学校の一室で爆破事件!一クラス分の生徒が爆死
  • 8月は、あるネトゲプレイヤー十数名が次々に通り魔に合い刺殺
  • 12月、とうとうアドニスの毒牙が主人公に!致死性の毒を仕込まれる!

どうでしょうか。アドニス、悪いやつらです。

警察官という絶対的正義を背負った主人公が成敗してやらねばなりません。

この上記の事件で少しでも心がウキウキしてきた方は、本当にプレイをおススメいたします!

きっと想像するよりも風呂敷が広がります!そしてちゃんと畳まれていきます!

『Collar×Malice(以下、カラマリ)』の評価点はやはり話が完結した点が大きいです!

 

またカラマリ、主人公ちゃんが良識のある人間です。

人に寄り添い、誰かの傷を想い悩み、料理上手な不器用な人間です。

そういうところもあり、選択肢によってはもどかしい行動を取ったりもしますが、基本可愛いので許してください。

最初の難所である弟の関係も、ちゃんと良い形に持って行ってくれます。

 

本作品において、キャラクターとのいちゃいちゃが少ない点もあり、なぜ惚れたのかがわかりにくいという意見を耳にしましたが

あえて言いましょう。

可愛い+巨乳+性格が良い女の子が隣にいて、惚れない男がいるのか!?

いや、いない(反語)。

 

確かに、”どこに惹かれたのか”とキャラクターや主人公の口から語られることは少ないですが、そこはもう読解力を働かせてください!

死んでしまったキツネのごんの気持ちを考えるレベルの国語力を使ってください!!

 ちゃんときっかけはあるぞと私は思います。

 

1つ欠点をあげるならば、キャラクター達が大人なので、序盤はあまり心の内を話してくれることが少なく打ち解けるまでに時間がかかる…ということでしょうか。

ですが攻略キャラクターと手を繋ぐまでいけば、ストーリーはマッハ!剛速球で展開していくので、ゲームの辞め時がわからなくなります。

睡眠不足必至です(私はそうなりました)。

 

いちゃいちゃは少ないとはいえど、気持ちを伝えた後の甘酸っぱいエピソードがあったり、キスぐらいはするので、ネオロマンス作品よりは甘いと思います笑

 

プレイをおススメできる人

シナリオ重視派はやって損無し!やるべき!

きっと今の乙女ゲームで、人気と作品の質が釣り合った作品はカラマリぐらいだと思います。カラマリをアニメ化せずに何をするんだ!?というぐらいには良くできた作品です。

 

いちゃらぶ好きは、シナリオにときめく要素がなければ見送ったほうが良い!

『ゆのはなSpring!』がとても面白いのでやりましょう!!

 

 

推奨!キャラクター攻略順

白石は二週目以降に攻略でき、柳は4キャラ攻略後に開放されます。

謎解きものですので、「この順番だとより楽しめるかも」というものがありますのでご紹介します。

 

榎本峰雄→笹塚尊→岡崎契→白石景之→柳愛時

 

私は上記の攻略順でプレイしましたが、楽しくプレイできました笑

ご参考頂けましたら幸いです。

 

以上、ネタバレ無しのレビューでした。

これから下記はネタバレ有の感想です!

 

Collar X Malice - PS Vita

Collar X Malice - PS Vita

 

 

 

 

 

 

【ネタバレ有り】感想

 

f:id:icomog:20170414095046j:plain

まさか『胸キュン☆告白百選』ルートを跨いで出てくる存在とは思いもよりませんでした!!笑

ある意味アドニス実行犯達よりも存在感があって、笑ってしまいました。

白石√でちゃんと活用されていたのも面白かったです。純真かよ白石。

 

ネタバレが嫌な方はこちらを閲覧していないでしょうか。

以降は、既プレイ向けにばっちりネタバレをしたいと思います。

 

総合的な感想

このクオリティの作品をオトメイトが発売したら、そら乙女ゲームアワード一位も取るよなという納得の作品でした。

物語、キャラクター、システム、どれも洗練されていました。

さすが島P、需要と自分たちの理想を混ぜるのが上手い…!と唸りました。

きっとカラマリの派生作品がどんどこ発売されると思いますが(これもうれしいけれど)、もっと新作ゲームを作ってほしいと願わずにはいられませんでした。

 

乙女ゲームは良作が発売されても、やはりブランドに求心力がなければ埋もれるor発売後じわじわ売れていくというのが常です。

発売直後に爆発的な人気を得ることはできたのは、やはり多くの女子に愛されているオトメイトブランドだから。

いつも話している気がしますが、オトメイトには圧倒的資本で乙女ゲーム業界を引っ張っていってほしいですね。

 

カラマリはわりとちゃんとした刑事もの&サスペンスものというのは嬉しい誤算でした。

乙女ゲームなので、やはりキャラクターとの心の交流に重きを置くのかと思っていましたが、想像していたより硬派にサスペンスをしていましたね!!笑

ミステリ小説大好き人間なのですが、笹塚の圧迫面接で何度も選択肢を間違えました!間違えると露骨に嫌な顔をされるのも、笹塚らしくていとおしいぐらいには調教されましたが。

 

ただ前述したように、メッタメタ視点で物語をみてしまうと犯人やキャラクター達の過去が垣間見えてしまうのも確か。

私も「こんなにいい感じのキャラなのに、あいつにルートが用意されていないのはそういうことか…」プロローグの時点でメッタメタ目線をしていました。ありがとうございました。

ですが物語はとても楽しめました。

いくら想像がついたとして、至るまでの過程が大切なので、そこはきちんとカラマリは描けていたかと思います。

 

ただ「”正義”は絶対的なものではなく、各々の立場によるものなんだよ。」みたいなところを伝えたかったのかと思いますが、ヒロインの逡巡でわかりにくいものになっていたような気がします。

警察側とアドニス側の二項対立として描いたため、それこそニッチにもサッチにもいかないような葛藤がわかりずらかったかもと…。

まあアドニス実行犯達が追い詰められる原因となったやつらの”悪意”というものが本当に邪悪なので、プレイヤーも思い悩みますよね。

でも私刑は良いものじゃないゾというのがカラマリ。凄く優等生な作品だと思います。

教祖様に関しては後個別に語れたら…!と思います。 

 

また凄く好きだったのは、ルートによって香月との打ち解け方が変わるところです。

 榎本√だと、新しいお兄ちゃんができたかのように香月がどんどん明るくなり、

笹塚√だと、あんな奴と付き合って大丈夫なのか!?と香月が心配してくれるのが嬉しかったり(そして岡崎と仲良くなっているのにほっこりしたり)

f:id:icomog:20170414103953j:plain

f:id:icomog:20170414103958j:plain

この差である。

クリスマスパーティをしている姿をみてほろり…ときたり…。

香月も主人公も、いうならばボタンを掛け違えただけで、お互いのことを大切に思っているんですよね。最初はお互いに「こっちはこんなに想っているのにどうしてわかってくれないんだ!!」と頑ななのも、ある意味兄弟だなあとプレイ後は生暖かく思います。

 

香月は、友達が失踪したりバンドのメンバーが過去誤認逮捕されてたりファンレターをくれた人間が殺人犯だったり姉はテロ組織に狙われていたりと、どこの主人公だよみたいなパーフェクト災難人で同情します。

渦中の人なのに、なにもできないもどかしさみたいなものを香月はいつも抱えていたのだなあ。

 

以降はキャラの個別感想です!

 

 

柳愛時

f:id:icomog:20170414105239j:plain

オトメイトの黒髪に心を許すな、そいつは黒幕だ!

と信じて生きてきたので、柳さんも半信半疑になりながらプレイしていたのですが、柳さん…イイ男だった…

何の裏表なく、愚直に己の正義に従う彼は、本当に乙女ゲームのキャラかな?というハードボイルドさ。

しかもヒロインよりは年上なので、一見大人キャラにみえがちであるが、まだ20代なので可愛いところもある!すごい!完璧!

主人公とくっついてからは、押して押されてみたいな、どちらが場の主導権を握るか仁義なき争いを繰り広げているのも可愛いポイントでした。

付き合ってからの、やんちゃな時期のせいで口が悪い柳さんも最高です。

 

文句のつけがたい、頼りがいのある男でした。

みんなのパパなのもよろしい、パパ…。

こういうなーんの裏表もない無個性なまでの良い男性キャラが乙女ゲームでも出るようになったんですね、時代は変わった。

 

 

岡崎契

f:id:icomog:20170414110325j:plain

振り返ってみると、カラマリで一番拗らせていたのは岡崎でしたね。

岡崎の生き方を主人公が2章も使って説教して力づくで納得させる様には涙がちょちょぎれました。

ここまで頑固な人間にはみえないのに、中々わかってくれない様子には主人公ともどもやきもきしました。

岡崎は他√だと柔和な物わかりの良い人に見える分、自√でのわからずや感は衝撃でした。

まあくっついてからは…あれだよ!乙女ゲームだよ!

f:id:icomog:20170414110850j:plain

このシーンには笑わされた。

でも柳√(という名の大団円√)では岡崎の本質は救われないのが、また悲しいですね。

個人的には、次々と爆発する林から主人公を抱いてダッシュするスチルが「これぞボディーガード!」と拍手喝采でした。

好きな人はドハマりするタイプのキャラですね、岡崎。いいやつです。

 

榎本峰雄

f:id:icomog:20170414143644j:plain

主人公の童貞を一撃で殺す制服の被害にあってしまった可哀想な人。

おっぱいを強調したブラウス、ヒップのかたちがわかってしまうタイトなスカート、40デニールぐらいの上品に透ける黒タイツ…。

これが童貞を殺す服じゃなくてなんなんだ!コスプレかよ!

 

しかしここまで仲間達から童貞いじりされるキャラも珍しい…と思いながらも、童貞キャラ大好き人間としては、そういう仲間との関係性まで含めて美味しかったです。

f:id:icomog:20170414144150j:plain

テンプレ反応すぎて、むしろ国を挙げて保護すべき童貞である。

 

ヒロインと仲良くなるまでに紆余曲折あったのでわかりにくかったですが、榎本の人当たりの良さがわかるエピソードが好きです。

あれだけ気さくで甘え上手・甘やかし上手だったら出世もするし、柳さんも仲間に入れてしまうわい。

だからこそ彼は償わなくてもよい罪を背負い、苦悩してしまうわけですが…。

 

白石√にはなりますが、うきうきでクリスマスツリーを用意する榎本に笑わされて場が和んだりしましたね。

ムードメーカーです。

 

仲良くなれば気のいいお兄ちゃんなところもポイント高いです。

頭脳明晰すぎる探偵事務所勢の中でも、主人公と同じスタートラインに立てるキャラなので、相棒感というか親しみを持ちやすい人でした。好きです。

童貞だけど。

 

 

笹塚尊

f:id:icomog:20170414144836j:plain

帰国子女は破廉恥担当という俗説を崩さなかった人。

カラマリは奥ゆかしい攻略キャラが多いので(あの白石ですらそうだし)、笹塚√はかなり甘めだったのではないでしょうか。

f:id:icomog:20170414145219j:plain

これなどは涙がでるくらい笑った。

 

笹塚√で面白かったのは、主人公が手料理スキルを活かそうとする選択肢は好感度が下がるところでした。

おいおい、乙女ゲームなのに女子力を発揮させてくれないのかよ!そして女子力に惚れてくれないのかよ!榎本は一発KOだったのに!

主人公を自宅での飲みに誘うなど、異性慣れしすぎていてヤレる男感(意味深)が凄かったですね。

他人に興味がないタイプの人間なのできっと童貞だろう…などと思いながらも、榎本との差はどこで生じたのか。慢心、環境の違い。

 

私は毒舌キャラがあまり得意ではないのですが、√も終盤になると笹塚の口の悪さが心地よくなりました笑。

一言ガツンと言ってやれ!笹塚!みたいな心境になるようにしっかり調教された結果ですね。

f:id:icomog:20170414150002j:plain

悪びれもない。

余談なのですが、笹塚√をプレイするとドーナツが食べたくなりました。

あえて抹茶ドーナツを食べながらプレイしていました。

 

 

白石景之

f:id:icomog:20170414150512j:plain

最近の乙女ゲームは、フェロモン担当キャラこそ実は純粋だったという展開が多いのですが白石もまさにそう!

最初は大学教授のような抑揚で長文を一息に喋るキャラだったのに、次第に「なに…訳わかんない…」みたいな短文を話すかわいい子ちゃんに。

√も中盤になるにつれ、母性がくすぐられたプレイヤーも多かったのではないでしょうか。

 

ですが、一番怪しいキャラこそむしろ一番怪しかったという、むしろ新しい設定には驚きました。

まさかの内通者が一番怪しい白石ですものね、ちょっと笑いました。

彼の行動原理は何もなく、生かされている間は命令に従うだけ。

一見無為にみえる人生の中にも、御国や柳という彩りがあったと気づかされるのが彼の√であり、柳√なのでしょうね。。

 

アドニスという組織は計画的にスパイを養成できるほど大規模な組織であった…というのが彼の√で判明するのですが、それ以上の規模感の説明や描写が少なかったのは少し残念でした。

主人公という一般市民の目線で事件を追う物語なので、それ以上の説明は不要だと判断されたのだろうか。

 

切ないのが、彼が猫ファッションを卒業してしまうことですね。

f:id:icomog:20170414151946j:plain

この可愛い猫耳と猫ネクタイピンが

f:id:icomog:20170414152131p:plain f:id:icomog:20170414152136p:plain

無くなってしまうのは切なくはないか??

そしてあの後日談シナリオは悲しすぎないか???

 

だれかの正義のために、罪人は裁かれる。

法の下で裁かれることを望んだ彼は何を考えて、望んだのだろうなあ。

 

 

 その他のキャラクターについて

f:id:icomog:20170414152647j:plain

白石のところにも少し書きましたが、ちょっとだけ残念に感じたのはアドニスという組織がどれほど強大で・多くの人間を抱え・資金があるのか、という部分をもう少し掘り下げることができたなら、よりラストバトル(?)に緊張感が持たせられたのではともったいなく感じました。

逆に風呂敷を広げ過ぎなかった結果なのかもしれませんが、それのいかんによってはもっと絶賛できたなあ…。

教祖様の掲げる”正義”が悪の組織の親玉!というよりは、駄々っこのように感じてしまうのももったいなかった。

もっとお互い理解し合う余地はない、この弾丸が正義を決める。みたいな燃える展開に持って行ったほうがよかったなあ。と偉そうに文句をいいましたが、ゲームはとても楽しめたので満足です。

 

また御国は妄信担当とのことでしたが、もう少し構成員としての狂気をみせてほしかった…!幼馴染を気にする良い人みたいなポジションになってしまったのが残念です。

 

好きな犯人は宇野兄妹です。子供が可哀想な話には弱いんじゃよ…。

また個人的に峰岸警視が好きなので、FDがもしも出たら、攻略できたらいいなあ。

 

 

最後に

ここまで読んでくださりありがとうございました。

大満足の作品でしたし、どうしてもっと早くにやらなかったんだ!?と何度も思いました。

もしも真犯人が誰なのか知っていたとしても、意外と真犯人は関係なかったりもしますので、是非ともプレイしてみることをおすすめします!

結論に至るまでの過程が面白い作品なので、ぜひぜひ!

 

しかし2016年はゲームの豊作年でしたね。2017年もそうなることを祈りつつ。

よろしければゲームの感想などをお聞かせいただければ嬉しいです。

ぽぽたん (@popotanhayume) | Twitter

 

 

 

Collar×Malice Art Works

Collar×Malice Art Works

  • 作者: アイディアファクトリー,デザインファクトリー,一二三書房,花邑まい
  • 出版社/メーカー: 一二三書房
  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

Collar×Malice 公式ビジュアルファンブック (B’s LOG COLLECTION)

Collar×Malice 公式ビジュアルファンブック (B’s LOG COLLECTION)

 

 

 

Collar X Malice - PS Vita

Collar X Malice - PS Vita

 

 

 

icomog.hatenablog.jp

 

泰衡√『遙かなる時空の中で3 Ultimate』感想

 

こんにちは、乙女ゲーム大好きぽぽたんです。

2月頃に発売された遙かなる時空の中で3 Ultimate』藤原泰衡を攻略したので感想を書きたいと思います!

 

一言感想を言うなら、「泰衡ファンは泣いてひれ伏す絶対プレイすべき、それ以外の人はどうだろう…?」という感じです。

 

ネタバレ有とネタバレ無しの両方の感想を書きました。

 

遙かなる時空の中で3Ultimate(以下、遙か3U)』全体の感想ではないので、未プレイの方にはつまらない記事になるかもしれませんが、精一杯”藤原泰衡”という人間の魅力を伝えられるよう頑張りますので宜しくお願いします。

 

f:id:icomog:20170406023057j:plain

 

 

【ネタバレ無し】遙か3U泰衡√感想

簡単なあらすじ

源頼朝の裏切りを受け、失意のまま奥州平泉へ流れ着いた主人公一行。

そこでは、九郎と旧知の仲である藤原泰衡と出会う。

主人公に対して冷たい態度をとる泰衡の真意はよくみえなくて…。

刻々と源氏軍は平泉へ近づき、戦火は逃れられないものになった。

 

簡単な紹介

まず藤原泰衡という男の情報を整理したいのですが、

 

  • 国を心から愛し、民を想っているのに、民衆の好感度は最低
  • とにかくツンツンしているかつ悪意に溢れる冗談を言うので、人望がない
  • 死ぬ間際に思い浮かぶほど友のことを信頼しているのに、友(九郎)は泰衡のことを信じ切れていない。
  • 乙女ゲームなのに、死ぬ間際に想うのは父親と友と治める国のこと
  • そして死ぬ間際をモチーフとしたキャラソンを歌わされる
  • 大体死ぬ。
  • 十六夜記においての悪役ポジ
  • 声優は鳥海浩輔なのに甘いセリフ一つ無い
  • あるキャラクターの後日談イベントで、彼単体のイラストまで用意されている&そのキャラを当て馬にするレベルで魅力的に描かれているのに攻略できない。
  • 攻略できない。

 

いやあ、とても魅力的なキャラですね。攻略したくなりましたね。

彼は人を頼らず、孤独に自分の信念を貫こうとしています。

だからこそ、誰の支持も感謝もなく、一人春を迎え眠りにつくのですが…。

そして彼の想いや考えを知ることもなく、主人公は平泉をたちます。

 

しかも「もっと早く出会えていたら、異なる運命だったら、2人は違った関係になれたかもしれない」というのを、泰衡からも主人公からも示唆されます。

もちろん攻略できないです。

 

「な、なんて悲しい運命なんだ…」とプレイ当時は愕然とし、「どうしたら藤原泰衡は幸せになれるのか」と真剣に考えあぐねていた日々…。

ドラマCDを聴き、銀後日談を何度も見ては焦燥感にかられ、『奥方殿』というセリフが聞きたいがために1万円を出し、だけれど結婚式を挙げている彼をみて文字通りの幸せを噛みしめ、キャラソンを聴いては切なくなり…。

 

そんな日々もさよならだ!!!

藤原泰衡は攻略キャラクターに昇格したので、スーパーハイパー男前主人公に全て守ってもらえるぞ!!!

DLC代2500円を払う必要があるけれどな!!!

 

簡単な感想

 一言で言うなら最高、二言言っていいなら最高&最高でした。

とにかく前述した悲しいキャラクターである泰衡が攻略できる&救われるので、八葉を裏切って泰衡につくBADEDをみて「これが泰衡ED、きっとここから二人は幸せになれる…」と自分に言い聞かせていた泰衡ファンはやるべきです。

 

泰衡ファンの心のよすがは、桜の木の下の、お互い憎からず想っていてちょっと背中を押せばくっつきそうなのに異なる運命なのでこの時空では縁を繋ぐことのできない2人(白龍風)だと思うのですが。

f:id:icomog:20170406000743j:plain

いやあ、ようやく心もくっつくんですよ!

ネタバレしますが、身体もくっつきますネオロマ程度に)

凄いぞDLC!愛しているぞDLC

 

 

泰衡√のはじまりは、取り付く島もないツンツンツンのあの泰衡です。

ヒロインを一瞥しては存在を無視するかのように去り、ヒロインの言動の一つ一つを論破しては否定し、全く心の内を明かさない。

だか今回は泰衡√が実装されている。

ツン:デレの割合が10:0だったあの泰衡が、ななんと!9:1ぐらいにはなっている!

 

しかも泰衡のデレ顔も描き下ろされているぞ!!!!!!

f:id:icomog:20170406001932j:plain

(この仏頂面をデレデレにすることができる権利が買えるのは2500円払った人だけ!)

 

泰衡には自分を犠牲にすることでしか国を救うことができませんでしたが、泰衡の真意を知った主人公とともに新たな道を画策していきます。

しかも同人誌でしかみたことのない泰衡の照れる様子とか、同人誌でしかみたことのない泰衡が主人公を慕う姿とかが、なんとフルボイスでみれます。

しかも同人じゃなくて公式なんです。

 

でもネオロマなので、期待しすぎないでね。

手をつないだだけで「破廉恥だ!」と騒ぎ立てた、あの純粋だったころを思い出せるネオロマンサーには満足な甘さです。

逆に告白をする前に性行為とか、出会って三秒で壁ドンとか、そんな風紀の乱れた乙女ゲームに鉄槌を加えるぐらいには硬派な√に仕上がっています。泰衡√。

 

ただ少し気になるのは、甘さ控えめ&他キャラクターがあまり出てこない&シナリオも短くはないが長くもないので、果たして泰衡好き以外の方は満足できるか心配であるというところです。

少しでも泰衡に心残りがあればプレイをするのを積極的におすすめしますが、それ以外の方に2500円払ってもらうには忍びない…。

いや、2500円払ってください!お願いします!!!

 

本妻攻略キャラである8人にはボリュームなど劣ってしまいますが、幸せな気持ちになれて少し苦味もあって…、遙かシリーズで例えるとアクラムやナーサティヤみたいな感じです!宜しくお願いします!

 

簡単な攻略情報

少しフラグ立てが難しいので、簡単な攻略情報を記載します。

  • 2章で九郎の許嫁イベントを起こす
  • ヒノエの秘密を知っていて、2章でヒノエを仲間にする
  • 2章の銀の秘密を知るイベントを見ることができる&起こす

この状態で、3章にて「敵地を偵察する→この場所に残る(九郎達と追討に行かない)」選択肢を選べば平泉へGOできるのでご参考ください。

一週目で攻略できないどころか、3・4週必須という感じですが、頑張ってくださいね…

 

 

 

 

 

バラエティCD 遙かなる時空の中で3 Ultimate 月華の宵

バラエティCD 遙かなる時空の中で3 Ultimate 月華の宵

 

 

 

【ネタバレ有り】遙か3U泰衡√感想

余談なのですが、絆の関弁慶√では2回しか拝むことのできない弁慶さんの貴重な照れ顔の1つは弁慶からの告白を断ったシーンでしかみれないというのは流石に笑いました。

f:id:icomog:20170406004850j:plain

弁慶や泰衡のような食えない人を出し抜いて素を引き出せるのは良いですが、さすがにこれは無いとおもいます!ルビーパーティさん!!

 

 

どうでしょうか。

ネタバレ見たくない組の方は抜けることができたでしょうか。

下記はネタバレもバンバンしちゃうタイプの感想です。

 

ネタバレする感想

さっそくキャラクターソングの話をはじめて大変恐縮でありますが、藤原泰衡という男を理解するには「瞑目の白き残像」という曲の歌詞をさらうのが一番だと思います。

泰衡が死んでいくだけの曲なのですが、色々未練などが見れて、「彼は一緒に戦ってくれる仲間もおらず、救いも求めず、ストイックに生きた孤独なだけの人間だったんだな…」となんだかしみじみします。

 

藤原泰衡(鳥海浩輔)/歌詞:瞑目の白き残像/うたまっぷ歌詞無料検索

 

そんな彼を救うことができるのが、本作である泰衡√!

もう泰衡さんを一人にさせないぞ!と息巻いてプレイ!

 

神子の手作り菓子である栃餅を「そんな下賤なものを食べるか」と一笑。

八葉が聞いたら卒倒しそうだな…こいつら望美ちゃんのチョコレートで争ったやつらだぞ(ドラマCDより)などと泰衡の手ごわさを感じながらプレイしました。

彼がまtttったくデレないので、そうそう泰衡ってこういう奴だった!と懐かしくなりました。

 

最近のネオロマは甘くなっているというか、さすがに最高の盛り上がりが手を握るところという奥ゆかしさは無くなりつつありますが、泰衡√もなんだかんだ硬派でしたね!

 

前言を撤回するわけではないのですが、

特に泰衡と手を繋いで帰るシーンなどはキュンキュンしました。

f:id:icomog:20170406012334j:plain

えっ、泰衡はこのとき既に主人公のことを憎からず想っているのか!??!!?既にフォーリンラブなのか!??!!?と衝撃を受けました。

確かに泰衡は政務に勉強に研究に忙しそうだから、おなごの手一つ握ったことのない童貞に違いないから、照れてもしかたないかもなあ…

 

他人を拒絶して生きてきた自分に飛び込んできた女性が主人公だけだったんだろう、つくづく可哀想な人だ…としみじみ…。

あと女性の手を握って照れるという普通の感性を持っていて安心しました。

二週目の主人公から手を握るシーンなどは、ある種のエロスさえ感じました。

説明しよう!人は奥手すぎる恋愛を目にするともどかしさのあまり想像力がかきたてられ、突然「エロい…」とつぶやいてしまうのだ!

 

などなどいろいろなイベントをこなしながら、この平泉を襲う厄災は100年前からの因果であることを知ります。

郷土の歴史大好きマン、人生より大切な平泉なのに他人から理解されない泰衡の悲しさよ。

その因果を確実に断つには己が犠牲になるしかないということすら、泰衡は語らない。

主人公がその悲しい想いを知るのは、運命の巡りあわせがずれて、彼の死を見届けてからになります。

 

もう主人公が泰衡の死を見届けるというだけで、もうなんだか、泰衡√を作ってくれてありがとう…!ありがとう・・・・!五体投地なわけですが、ここから恋愛するんだもんよ!ネオロマ

 

遙か3は穏やかな日常で育まれる愛ももちろんあるのですが、一度の逢瀬を悶々と想う日々、でも互いに本音を語り合えぬ合戦場…などなど顔を突き合わせないからこそ育まれる愛も多いんですよね。

泰衡√を評するならまさしくそれ!

お互いに惹かれる気持ちはあっても、それを恋心と認めるには時期が悪すぎる&相手に確かめる術がないわけです!

惹かれ合う想いに理由なんてない!それでいいモン!

昔は遙か2アクラム√からそんな感じだから、凄く納得な感じだったりします。泰衡みたいな男だからこそ、理由などない想いを抱いて情動に突き動かされてほしいですね。

 

 

ヒロインが100年前に行く!と泰衡へ話すと、こういわれます。

泰衡「あなたが時をさかのぼり、命を懸けようと、それを感謝するものなどいない」

「変えられた運命の、先にあったはずのことなど誰も知らぬ!」

「誰の記憶にも残りはしない 俺とておなじだ」

止めてくれるぐらい主人公のことが好きなんだな…心無ければ逆に利用しそうなのにな…となんだかホロりするのですが、このあたりのセリフは運命を変えるジレンマ問題そのものですよね。

リズヴァーン先生のルートなんて運命が複雑に絡み合いすぎていてわけがわからない状態になっていますが、ヒロインが鬼の里を救うことができていたら、リズ先生を師と慕う運命は立ち消えてしまうのかもしれません。

リズ先生の恩人であり初恋の人である神子の存在なんてなかったことになるのです。

そういう救えたかもしれない過去などもちゃんとわかっていて、「今の時空のお前を愛している」というリズヴァーンよ…好き…。

リズ先生だけではなく、生きている九郎の未来を作ったけれど、いうなれば九郎が死んだという事実が失われた誰も覚えていない世界とも言えるわけです。

なんだか遙か3という作品の宿命について考えさせられたセリフでした。

 

 

f:id:icomog:20170406014926j:plain

この笑顔の泰衡を見たときは、本当にうれしくなりました。信じられない衝撃映像ですよ!!!あの藤原泰衡ですよ!!!常に仏頂面でニヤっとしたいやらしい笑い方しかできない!!!あの!!!!

 

「俺の世界を成す根底を変えに行く」と笑顔で去る泰衡…。

泰衡は救われたのだな…ヒロインという存在のおかげで悲しい生き方をしなくてよいのだな…ほろり…。

そしてだきにてんを打ち取った「世界の根底を変えた」泰衡は、新しい生き方をしていくことができるのでしょう。

 

「幸いはこの手の中にある」

「俺は幸せに満たされている」

 

幸せになれてほんんんんんといに良かったね😢😢😢😢

Congratulations!!!

ありがとうDLC!!!ありがとう2500円+税!!!!

ありがとう栃餅!!!

 

f:id:icomog:20170406022004p:plain

栃餅 - Google 検索

 

泰衡をただただ幸せにしてあげたかったプレイヤーにとっては満足でした。

救われた…というような感じで肩の荷が下りました。

泰衡がもっとヒロインをからかって、からかわれて、そのほほえましさに笑ってしまうようなバカップルエピソードとか見れそうで、本当に生きていてよかった…と思いました。

 

ただなあ!!!後日談がないのはな!!!

ハッ

まさか『遙かなる時空の中で3Ultimate愛蔵版』のフラグか!?!?

 

 

余談

f:id:icomog:20170406022430j:plain

一応、銀√後日談なんだからこの描き下ろしはずるい…

 

 

最後に

ここまでつたない文章を読んでくださりありがとうございました。

糞みたいな内容ですが、遙かシリーズへの愛だけはあります。

ネオロマ声優の高齢化が心配されていますが、いつまでもお元気でいらっしゃってほしいですね。。。

そしてキャラクター達に声を吹き込んでほしい。

 

以上、ぽぽたんでした。

 

↓↓おススメの乙女ゲームがありましたら、twitterまでリプをお願いします!↓↓

ぽぽたん (@popotanhayume) | Twitter

 

 

バラエティCD 遙かなる時空の中で3 Ultimate 月華の宵

バラエティCD 遙かなる時空の中で3 Ultimate 月華の宵

 

 

 

 

 

icomog.hatenablog.jp

 

【ネタバレ注意】『ニューダンガンロンパV3』気になる点まとめ&考察

こんにちは、ぽぽたんです。

先日発売された『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』をストーリークリアしました。

ファン待望の新作なのに期待を裏切らない面白さで、寝食を忘れてプレイしました。ほんんとうに面白かった。しゅごかった。

 

しかし回収されていない伏線がちらほらあったので、そこが気になって記事にしました。

よかったら「それは違うぞ」というのも教えて頂ければ幸いです。

 

 

ということで、以降は未プレイの方は読まないことを推奨します。

既プレイ向けに書いているので、未プレイにはわざと不親切に書きました。

ごめんね。でもとっても面白いからプレイしてほしいのです。

宜しくお願いします。

 

 

icomog.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:icomog:20170116212032j:plain

続きを読む